タグ:R-D1s ( 218 ) タグの人気記事

人気ブログランキングへ
2010年 09月 07日
R-D1sの正体7
R-D1の楽しさってなんでしょうか。
カメラの楽しみ方って人それぞれですよね。
写真そのものにこだわる人、解像感を追求する人、
クラシックなカメラに没頭する人、戦前のレンズ
や古いクセのあるレンズの写りに感動する人(ボク?)
、、、等々。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/20 秒
絞り: 12.5

ボクの場合まず、容姿を楽しみたいってのがあります。
目で愛でるってやつですね。
飾ってる、もしくはテーブルに置いてあるカメラ
を見て楽しむってやつです。
この角度から見るとイケテるじゃねーかとか言いながら。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/208 秒
絞り: 12.5

R-D1の場合はどうかって言うと、ゴツゴツして
て決して美しいカメラではないのですが、見てい
ても飽きないカメラではあります。なので、見て
楽しむには十分だと思います。
ペンデジもまぁ、見て楽しむにはギリギリな感じです。
背面見ると液晶が鎮座してて興ざめですけどね(笑)
その点、R-D1は液晶を裏返しておけば背面もシ
ンプルでヨロシイ感じです。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/39 秒
絞り: 12.5
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-07 21:20 | 六本木・汐留・芝スナップ
2010年 09月 06日
Cow

R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/478 秒
絞り: 8.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-06 20:44 | その他
2010年 09月 05日
R-D1sの正体6
今回は背面液晶たたんだままで撮っていました。
フィルムの時と同じですね。
これも背面液晶反転というR-D1sだからの芸当です。
R-D1xになってこれができなくなっちゃって、悲
しいですね。ボクなら買い換えません(笑)


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

んで、撮って思ったんですが、このR-D1sの測光
方式って中央部重点平均測光ってやつなんですけ
ど、測光分布を見てると中央部重点って印象より
平均測光の度合いの方が高いようですね。
だから補正なしでもほとんど外す心配がないです。
当然、カメラの言いなりではなく、そこは自分の感性
を入れて補正は必要ですけど。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

なのでこの中央部重点平均測光はまさしく”文字通り”
なんですけ、もうちょっと、中央部重点部分測光的に、
中央に重きを置いて欲しかったかなと。
平均測光度が高いとスナップして歩いてる時は良
いのですが、ちょっとポートレートって時に周り
露出も拾っちゃってどうも勘が狂っちゃう気がし
てます。
また、白いものや黒いものが大部分を占めているような
場合もです。
こんな時でも周りも露出測定範囲であり、そこもある程度
重要視して平均されて露出が決定されるので、思うように
補正ができないような感じがしてます。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

まぁ、ほんとスナップ時には何も考えずにカメラ
の露出計に合わせておけば、まず失敗はない感じ
ですので良いのですが。

今回も帰ってくるまで背面液晶見てなかったんで
すけど、ほぼ狙い通りに撮れていたので、という
ことは、もし、もし、このR-D1sにポジ入れても
失敗なく撮れそうです(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-05 19:44 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 09月 04日
R-D1sの正体5
R-D1で必ず出てくるってゆーか、考えさ
せられることって値段の高さがあります。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 1600
露出: 1/2000 秒
絞り: 8.0

R-D1sの中古でも14~15万、レンズを古いLマウ
ントにしても3万~4万、そのアダプタが5千円、
SDカード買ってストラップ買ってってやってる
と、何だかんだで中古でも、撮り始めるまでに
20万弱は必要になります。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 4.0

これはデジカメとしては相当に高いです。
デジイチなら中堅どころの新品が買えますしね、
中古を考えればフラッグシップも手に届くでしょ
うし。もちろんE-P2もレンズセットで買えちゃ
います。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 5.6

E-P2は最新鋭のデジタル制御が入ってるわけで
すから損得勘定だけで考えれば、賢い大人が手を
出すべきカメラじゃないことだけは確かだと思います。

でもM9より確実に安い(笑)
M8ならもうちょっと頑張れば手が届きそうです
けど、色々制約があって面倒だし。
撮影する過程を楽しむことにかけては、この
R-D1sの方がM9より断然上だと思いますし。
アッチは実用品、こっちは趣向品。
アッチはメルセデスでコッチはケーターハムかな、、、
電子制御の(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-04 21:28 | その他
2010年 09月 02日
R-D1sの正体4
RF機の罪としては視野枠に捉えたモノが確実に
撮影されるわけではないことで、視野率85%程
度と言われるR-D1では余計なモノが写し込まれ
ること間違いナシです(笑)
また、光の具合によっては二重像が見えにくかっ
たり、ファインダ下段に出るシャッタースピード
表示が見えにくかったりします。
でもそんなこと忘れるぐらい素通しガラス越しの
景色はイケテます。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/676 秒
絞り: 8.0

カメラとしてのR-D1はこれが作られた2004年の
デジタル技術そのままであり、当時からデジカメ
的な進化は停止した状態ですので、ペンタックス
のデジイチだとistD系、K100Dといったものと
同等と考えられます。CCDもおそらく同じです
しね。
6年も前ですかぁ、、、デジタル機器としては古
いですよね。
普通は買いませんよね、6年前のPCとか(爆)
でも、デジイチが一般的になってきた頃だと思い
ますので、カメラとしては必要最低限、現代でも
通用するであろうとは思います。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/1098 秒
絞り: 8.0

ボクが機能進化を望むとすれば、ゴミ取りだけで
すかね。
高ISO耐性や手ブレ補正も欲しいですが必須とま
では思いません。
CCDも600万画素でOKです。
でもゴミ取りは、、、オリンパスの技術欲しいです。(笑)
でもライブビューに進化するのは大反対です。
素通しガラスを見ていたいので。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-02 20:28 | その他
2010年 09月 01日
R-D1sの正体3
R-D1を語るならやっぱRF機であることの意味を
外すことはできないと思います。
とは言え、RFについてはボクは特に強い思い入
れはありません。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/724 秒
絞り: 3.5

昨今手に入れやすくなってきたライカ(バルナッ
ク含)も買おうと思いましたが、撮ってからの手
間を考えるとどうにもこうにも導入までは踏みき
れませんでしたし。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/362 秒
絞り: 12.5

でも、昔使っていたヤシカ(おそらく生まれて初
めて触ったカメラかも)なんかは二重像合致式の
距離計を持っていて、ファインダーに見える小さ
な「枠」で必死になってピンを合わせていた記憶
があり、その操作感覚を今の時代にもう一度振り
返ってみたい、味わってみたい。というのが二重
像合致式のRF機を選んだ一番の理由でしょうか。
昔のコンパクトカメラってこういうの多かったで
すよね。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/891 秒
絞り: 9.0

ファインダーから見える、消えてなくなりそうで
頼りなさ気なブライトフレームも実に情緒的で、
RF機自体が純粋に機能としては今の時代にはあり
得ないのだと分かっていても、この素通しガラス
のファインダーを見るだけでデジタル時代である
ことを忘れさせてくれます。

頼りなさそうでも、キチンと結果はデジタルで記
憶してくれる、このカメラを使っていると、デジ
タルのRF機は現代人のポッカリ空いてしまった
穴を適度に埋めてくれ、日常の休息に持って来い
のカメラであるように思います。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-01 20:28 | その他
2010年 08月 31日
R-D1sの正体2
R-D1の外観的な特徴は昨日のも含めていくつか
あって、単なるギミックには終わらず一応の意味
はあります(笑)


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/104 秒
絞り: 2.8

●シャッターチャージの為の巻き上げレバー
●デジタル設定用の十字キー替わりの巻き戻しノブ
●液晶保護とフィルムライクに撮影する際の液晶部反転裏ブタ
(焦点距離換算表付)
●上部液晶替わりの各種設定表示クロノメータ
●露出を操作するシャッタースピードダイヤル
(ISO感度設定窓付、露出補正、AE/マニュアル機能切り替え)



R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 400
露出: 1/18 秒
絞り: 2.8

一般的なデメリットを考えれば、巻き上げレバー
でチャージしなければならず連写不能なことと、
イライラする巻き戻しノブによる設定や画像の扱
い(ページ送り除く)でしょうか。
ボクにとっては連写は行わないので巻き上げレバ
ーは問題ではないのですが、煩雑なメニュー操作
部分にはイラっときます(笑)
多分、これには一生慣れないでしょうね。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 2.8

まぁ、画像プレビューを次々に閲覧していくのは
巻き戻しノブでまったく問題はないのですが、メ
ニュー選択や画像拡大して左右/上下に動かす時
は煩雑です。
巻き戻しノブはイケてるデザイン案なんですが、
デジカメとしての便利さを放棄したところもあり、
マニアック度を追求したカメラというのは難しい
ですね。
ボク的には天秤に掛けると、このようなカメラが
ない以上、デザインやら雰囲気やらそれにともな
う感性を重視した、エプソンの選択は間違ってな
いとも思います。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-08-31 21:34 | 横浜スナップ
2010年 08月 30日
R-D1sの正体1
今さら何で6年も前のカメラを選択したのか?
誰が聞いても首をかしげてしまうような選択理由
とは何なのか?
デジタルなこの時代、化石のようなR-D1sを求め
た理由を何度かに分けて述べ、R-D1sの正体に迫
りたいと思います。



正確にはR-D1sがリリースされたのは2006年で
すが、初代R-D1と比べても中身はほとんど変わ
っていませんので、デジカメとしては正に2004
年時のモノですね。
この辺はペンタックスだとistD~とかが発売され
ていた時期であり、ボクのK10DとかK100Dなん
てのはまだ発売されていなかった頃までさかのぼ
ってしまいます。
まさに、デジイチ黎明期でありようやく一般的に
デジイチが認められ、どのメーカーのを購入して
も問題ないまでに来た時期だったように思います。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/239 秒
絞り: 2.8

さて、まずはデザイン的な部分や気がついたこと、
感じたことなどからです。

・巻き上げレバー
以前に、一眼/コンデジを問わずデジカメを使用
する際に、フィルムカメラのような物理的な巻き
上げレバーがなく、スナップ写真を撮る上での
「間」がとれないって言ってました。
そのことが気になっていたボクは、E-P2なんかで
撮る場合、エアー巻き上げを行うことがあると書きました。

ところがこのR-D1sには巻き上げレバーが存在し、
エアー巻き上げを使用することなく、フィルムカ
メラでは常識だった”あの「間」”が復活したのです。
R-D1sの場合、正しくはシャッターチャージレバ
ーと言うことになり、若干少なめな巻き上げ角を
除けば、ほぼフィルム時代の手(親指)応えがよ
みがえってきます。
やっぱこれはとってもイイ感じで、ボク的には
R-D1sが持つ、一番の長所かも知れませんし、
少なくともこのカメラを選択する重大な要因の
ひとつとなっています。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/338 秒
絞り: 2.8

・デザイン(外観)
カメラには男性的なカメラと女性的(中性的)な
カメラがあると思っていて、例えばライカは女性
的(中性的)に感じ、コンタックスは男性的、
E-P2は女性的(中性的)、GF1は男性的に感じ
ています。特に雑貨感覚的なペンデジは女性的か
つカワイイを意識したようなデザインなので、
大人の男のカメラとしては精悍さを抑えたデザイン
だと思います。

もちろん、これはデザインや名前、歴史、CM、
雑誌などから来る、主観的かつ感覚的なこともあ
るので一概には言えないのでしょうが、車ならフ
ェラーリは女性的でポルシェは男性的みたいな。

んで、このR-D1sはというと男性的な感覚があり
ます。
これは元になっているコシナのRFにも同じこと
が言えると思います。
元々ベッサRFシリーズもキライではないことも
ありますが、このデザイン(外観)には好感が持てます。

外観の中でももっとも男性的な印象を受けるのが、
軍艦部のクロノメータ部ですね。
これでもうターゲットが完全に男限定になりそうです。
とても女性をもターゲットに入れているとは思えません。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/416 秒
絞り: 2.8

だって、男性は時計が好きで、それも機械時計で
クロノグラフなんかのゴチャゴチャしたヤツが大
好きな生き物ですからね。
特に時計は男の仕事道具という大義名分が大昔か
らあるようで、男のこだわり感を出すには持って
来いのアイテムですし、好きな男性は多いと思います。

カメラとは一切関係ないことですが、電源オンで
グィ~~ンと動き出す、一番外側の撮影可能枚数
針がなんとも言えないギミック感を持っていて気
に入りました。
機能を称えるのも男ドモですが、直接関係はない
けれど、ちょっとギミック入ってることも重要で
す。男ってそんなもんです。

最近目が悪くなってきて薄暗いところで小さな文
字の判読ができない(笑)ボクとしては、ISO感
度もこのクロノメータ内に入れて欲しかったですけど。

まぁ、デザインに関しては人それぞれ意見があっ
て、ゴテゴテが好きな人も入れば、スッキリが好
きな人もいるので、断言はできませんが、裏返せ
る背面液晶、デジイチの軍艦部によくある、上部
液晶(個人的に液晶のドット文字はキライです。
なのでその文字を見なくて済む)がないことなど、
デジタルをできるだけ排除した(隠した)デザイ
ンは、ボク的にはイケてると思います。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-08-30 21:48 | その他