<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ
2010年 01月 31日
粋でいなせな街

PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 1.4
「雷」
浅草らしい絵からです。
これはノーファインダーで撮っています。
まぁ、絞ればいいんでしょうけど、ケルンスイターだと
ケラレが目立つので開放で撮っています。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 1.4
「人力車」
浅草と言えば人力車。
これはお店の前に飾られていたモノなので、
近づいてパシャリと。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 1.4
「扇」
以前に載せたのれんと同じところで撮っています。
柳腰ののれんもイケてるかと。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 250
露出: 1/125 秒
絞り: 1.4
「チェア」
上野の雑踏の中にあるショップ前です。
ゴチャゴチャしてそうですが、それが上野の魅力でしょう。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 1.4
「寿司」
いやぁ、粋ですね。
何となく浅草のお寿司屋さんってだけでそんな気がします。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-31 18:54 | 上野・浅草スナップ
2010年 01月 30日
ディフェンダーから始まる山手地区

PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/2500 秒
絞り: 2.8
「教会のディフェンダー」
変に似合ってます、教会前のランドローバー。
クラシックな車ってけっこうありますが、この車は
現在購入できる四駆のクラッシクカーと言っても
よい車だと思います。

この写真ではF2.8まで3段絞ってますが、
ボンネット部分のボケ、フレア、モノクロなので
分かりにくいですが、滲み見られます。
と言ってもそれがNGだと思ってはいませんけどね。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/40 秒
絞り: 0.95
「フルートを吹く女」
これは思いっきり絞り開放です。
E-P2で言うところのアスペクト比6:6で撮っています。
後方は何が写っているか分からないくらいにボケてますね。
実は暖炉があるんですが、トロけてしまってます。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 4.0
「通りの向こう側」
アンジェニューもF4.0まで絞るとマトモな画像になってきますね。
でも、若干のフレアが感じられますし、絞ってもシャープな感じは
なく、あくまでもアンジェニューです。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/800 秒
絞り: 4.0
「絵描きさん」
この日は絵を描いている方々がたくさんいらっしゃいました。
スナップにもイケてる場所はお絵描きにもイケてるってことでしょうか。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/2500 秒
絞り: 5.6
「ケーキとカフェで一休み」
ここではF5.6まで絞っています。
25mmのレンズですから絞り込んでるって言う感じでしょうか。
ここまで絞れば解像感って言葉もも出てくるような気がします。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-30 20:04 | 横浜スナップ
2010年 01月 29日
モノクロで語る日

PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 1.4
「気持ち」
いい塩梅って感じで写ってます。
モノクロだと情景が出やすいのでしょうけど、
何か語りかけてくるような絵に感じてます。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 1.4
「門の前」
これも上のと同じでケルンスイターのいいとこが出ている気がします。
真ん中あたりのキレの良い写り、周辺に向かうと感じる像の流れ、
四隅の光量落ちに向こう側に見える石畳のボケ。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 1.4
「ドーナツ」
街の明かりが点灯してからの散歩は、昼間とは違った意味で
楽しいですね。
アンバーな明かりを見る度にシャッター切ってしまいそうです。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/30 秒
絞り: 1.4
「夜のカフェテーブル」
テーブルに当たった光の反射がキレイですね。
さすがに寒いのでほとんど誰もお茶してませんけど、
ひざ掛けでもしてコーヒー一杯飲みましょうか。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 1.4
「ショップと自転車」
最近どこのショップでも自転車置いてあるところが多い気がします。
店員さんの通勤用なんでしょうけど、ほぼ間違いなく自転車って
置いてありませんか??
皆んな近くに住んでいるんでしょうかね。
自転車で来るんだからやっぱそうなんでしょうけど。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-29 21:03 | 自由が丘スナップ
2010年 01月 28日
海と赤レンガ

PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/800 秒
絞り: 4.0
「港で」
何だかスゴイ写真になりました。
四隅はケラレ、像は流れ、湾曲収差がグニャリとなり。
でも、これも面白いと感じてしまうのです。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 1.4
「クールーザー」
まぁ、キャプテンってゆーか、船頭さんって感じのオジサン達です(笑)
でもテキパキと慣れた様子で準備されていました。
上の方見すぎると目が回って気持ち悪くなりますね。



PEN E-P2 Kodak Cine Ektar 63mm F2
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 2.0
「赤レンガからベイブリッジ」
シネエクターで中望遠らしく撮ってみました。
ちょうどカップルが歩いていたので、パシャリと。
橋に露出を合わせたらトンネル効果でステキな写真になりました。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 1.4
「かたづけられたイス達」
舞台裏を見るようでちょっとアレなんですけど、
あまり人の入らないところなので、物置スペースに
使われているのでしょうね。



PEN E-P2 Kodak Cine Ektar 63mm F2
ISO: 200
露出: 1/2500 秒
絞り: 2.0
「歩くの練習中」
いやぁ、カワイイですね。
子供は最高です。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-28 22:06 | 横浜スナップ
2010年 01月 27日
原宿でケルンスイター

PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 2.8
「ハロー」
ボケ具合がイケてますね。
アンジェニューに比べてケルンスイターの場合、
芯があるように思います。

透明感ってゆーか、爽快感はケルンスイターの
方がありそうです。
でもアンジェニューにはアンジェニューでしか撮れない、
どこまで行っても柔らかな、皆がイメージとして持っている
と思われる、古いフランス映画のような画があることは確実です。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/640 秒
絞り: 2.8
「今日のメニューは。。。」
食事処のメニューを覗くおねーさんがオカシイです。
イイ塩梅に入ってくれました。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/1600 秒
絞り: 2.8
「廃墟になるの?」
ボクの大好きだったカフェなんですが、
しばらくぶりに行ってみたら営業してませんでした。
建物がステキなだけに、今後が気になります。
外観だけパシャパシャしてきましたが、相変わらず
イケてました。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/1250 秒
絞り: 2.8
「50年代」
古き良き時代のアメ車のバンでしょうか。
色もオリジナルでこんなだったんでしょうね。
カッコよかったです。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/2500 秒
絞り: 2.8
「WISE」
このケルンスイターは少し絞るとケラレが目立ってきます。
まぁ、被写体にもよりますが、明るい、例えば空なんか
撮ると、開放でもケラレますし、絞ると顕著です。
ちなみに、アンジェニュー25mm F0.95 は開放でもケラレますし、
前にも書きましたが、T&H Cooke Filmo Specialno 25mmF1.8は
絞ってもまったくケラレません。
レンズによってイメージサークルがかなり違うようですね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-27 21:13 | 原宿・表参道スナップ
2010年 01月 26日
ステキなフレアでイケてる写真

PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 5.6
「水の中の銀座へ」
昨日、シネレンズは盛大なフレアが出るけど、
予想もしない面白い写真が撮れたりする、、、
なんてことを言ってました。

んで、この写真です。
フレアが派手に出て、色は滲み、上下の像は流れていますが、
現代のパンケーキレンズではこうは撮れないと思います。
まるで水槽越しに見てるかのように感じられます。
でも、赤の澄んだ色なんてのは、この半世紀ほど前のレンズだけ
では撮れません。
間違いなくE-P2の画像処理が効いてます。
要するに、Filmo SpecialとE-P2の共作ってことですね。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 5.6
「SALE」
これも空が滲んで美しいです。
一度通り過ぎてしまって、また戻って撮りました。
後ろから人が来ないタイミングを見計らってパシャリと。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 5.6
「銀座の西日」
この日はある程度絞って撮ることが多かったです。
これもF5.6まで絞ってますね。
ボクにしては珍しいのですが、このFilmo Special、
実はまったくケラレないんですよ。絞っても。
なので、被写界深度を深くして程度に合わせて
気軽にスナップ!ってな使い方も躊躇なくできてしまいます。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 5.6
「シャネルの灰皿」
世界広しと言えども、シャネルブティックのまん前で
タバコが吸える所はないと思います。
ここ銀座ならシャネル前でもヴィトン前でも自由自在(笑)



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/1250 秒
絞り: 5.6
「空を覗く」
ここで見るべきは人ではなく、奥の空と建物です。
これも絞っているのでボケは大きくありませんが、
遠くに見える空の滲みや像の流れがイケテます。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-26 22:13 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 01月 25日
二子玉で考えるCマウントレンズの魅力

PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/40 秒
絞り: 1.4
「お買い物帰り」
最近普通のレンズを使わなくなってしまってます。
そんなCマントレンズの魅力ですが、ボクとしてはこんな感じです。

まず、レンズの容姿がステキです。
プラレンズなんてなく、全て金属製で小粒でもズッシリとした
重さも感じられ、安心感すら与えてくれます。
とにかく持って見てるだけでニヤケてきますから(笑)



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 1.4
「雑貨屋さんの自転車」
次には、35mm換算50mmとなる、焦点距離が25mmのレンズが
多いことがあります。
純正のレンズだと、、、ありませんね。
近いのではパナの20mmはありますけど、ボクは前から言ってるように
50mmが好きなんですよね。

しかも、明るいハイスピードレンズがほんとに多いこと、多いこと。
F1.4なんて当たり前で、F0.95なんていうとんでもない、
ライカのノクティルックスなら100万!はするようなレンズが、
高くなったと言われる中、まだ、買えるかな、と思う範囲に
存在します。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/50 秒
絞り: 1.4
「道端タンス」
Cマウントレンズ、ただ、明るいだけじゃありません。
特にアンジェニューなんかはそう感じてますが、絞りに
よる変化が非常に感じられて楽しいのです。

絞ればフレアが消えて、甘い描写もその中にシャキッとした
芯のようなものが現れて、コントラストも上がってくるような、
そんな変化が微妙ではなくハッキリと感じられます。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/20 秒
絞り: 1.4
「ろうそくランタン」
そして、もちろんいつも言ってる描写の面白さもあります。
現代レンズでは絶対に有り得へん写りをします。
それがフレアだったり、周辺落ちだったり、像の流れであったり、
それもとんでもない位に出ます(笑)

それを作画に活かそうなんて、特に真面目に考えずに撮る。
すると、想像もしてなかった、予想もしてなかった写真が
撮れたりするのが面白いのですよ。
まぁ、こう撮ったらどうなるか。。。なんて考えて撮るのも
楽しいですしね。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/20 秒
絞り: 1.4
「急須」
あとはCマウントには限りませんが、マニュアルフォーカスの
楽しさもありますね。
操作性については特にボクのケルンスイターはイケテます。
右手でカメラを持って、左手は下からカメラを支えるようにし、
ファインダーを覗きながら人差し指でヘリコイドを操作する。

これがなんとも快適なんですね。
スナップにも持って来いな感じで、ひょっとしたら被写体によっては
中ヌケしない分、AFよりも快適かも知れません。
もちろん小さいので持ち歩きにも便利で、そういう面でもスナップカメラ
として、E-P2とシネレンズはスナップに最強の組み合わせかもって気がしてます。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-25 21:45 | 田園調布・多摩川スナップ
2010年 01月 24日
フィルモカメラのFilmo Special

PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 1.8
「アバクロ」
いつも並んでいるアバクロ前です。
何でこんなにも人気が出るのか分かりませんけど
商業的には大成功ですね。

ところで、このレンズの名前ですけど、テーラー&ホブソン社が
ベル&ハウエルの、フィルモという16mmカメラ用に作ったので
Filmoとなっているようです。
このフィルモって響きは懐かしのムービーっぽくてステキに感じてます。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 1.8
「ランプに照らされ」
先日も書きましたが、ヘリコイドが重く、固着しているほどではなかったの
ですが、かなり力技でないと回らない状態でした。

そこで、ルミエールさんに調整をお願いしていました。
預けて帰るとき「やってみますがレンズ外れないかも。。。」って
言っていたのです。
ボクが心配そうな顔してたのか、「でも、壊しませんから」と、
言ってくださいました(笑)



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/800 秒
絞り: 1.8
「モノクロTRUNK」
んで、引き取りに行ってみると、ヘリコイド側(後玉側)からの
アクセスはカシメてあるので無理だったけど、絞りリングの方(前玉)からの
アクセスに成功したので、調整できたとのことでした。
さすが、戦前のレンズ、ひと筋縄ではいかないようですね。
でもルミエールさんの技術力にも感謝です。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 1.8
「歩道」
絞り開けても閉めてもフレアが出ます。
描写も甘いし、コントラストも低め。
でも、だからこその味があります。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 1.8
「モデルの娘」
やっぱ、こういうレンズはモノクロの方が良いかと思い、
モノクロでも撮っていました。
戦前のレンズだし、モノクロが自然かも知れません。
フォーカスリングと絞りリングの間が狭いので、リング調整
するには少し慣れが必要な気がしてます。
でも、どんな写りするのかこれからも益々楽しみなレンズです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-24 20:36 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 01月 23日
仏的光景

PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 100
露出: 1/1000 秒
絞り: 0.95
「オイスター バー」
このアンジェニューのレンズですが、開放で撮った
アンニュイな感じがたまりません。
さすがはアカデミー賞受賞したアンジェニューって
感じがしてます。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 100
露出: 1/200 秒
絞り: 1.4
「三茶カフェ」
ここ三茶の中でも結構目立ったカフェです。
建物の魅力があります。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
「SUR BAR」
F0.95って人間の目の明るさを越えてるそうです。
人間の目ってF1.0なんでしょうかね。
ってことは、日常生活している中で、人の目には見えない暗さでも
このレンズなら撮れる可能性があるってことになるのでしょうか。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 100
露出: 1/400 秒
絞り: 1.4
「あるショップに引き寄せられ」
このレンズ、少し周辺は乱れるようですが、ケルンスイターに
比べたらマトモな気がしてます。
これはF1.4に絞って!ますけど、絞れば解像感が増します。
とっても絞りに反応するレンズな印象があります。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 100
露出: 1/640 秒
絞り: 1.4
「雑貨店」
周辺の乱れはないのですが、四隅がケラレます。
レンズが奥まっているせいなのか、イメージサークルが
不足しているのかは分かりませんけど。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-23 19:46 | 世田谷・三軒茶屋スナップ
2010年 01月 21日
街の遊撃手からさんごろまで

PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 2.8
「街の遊撃手」
ちょっと蛍光っぽいピンクのロゴとブルーグレーの壁。
道行く人と車を被写体に入れたら、何だんだ!って
思った写真が出来上がりました。

立体感と空気感と街っぽい表情と。
そこに抜きん出た色とケルンスイターの描写が
合わさって、イケてる写真になりました。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 400
露出: 1/80 秒
絞り: 2.8
「シマシマソファと」
これガラス越しに撮ってますが、その光の反射と
向こう側に見えるテーブル、宙に浮いたようなディスプレイ。
その先の道路まで一緒になって面白い写真です。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
「Twiggy」
真っ赤なのが気に入って撮ってみました。
F2.8ですが、向こう側の葉っぱやマンションはボケて
下側の草は流れて写りました。



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 2.8
「玄関口のソファ」
玄関にソファとポストが同居してるのが面白いですね。
手作り感いっぱいです(笑)



PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/1600 秒
絞り: 2.8
「さんごろ」
ポルシェ356カブリオレですね。
レプリカかどうかは分かりませんでしたが、いずれにしても
大好きな車の一台です。
1台目のポルシェにはソリッドなクーペを選びがちですが、
2台目はカブリオレか、スピードスターを選びたいです。
黒のボディに赤の内装もイケテます。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-21 21:26 | 原宿・表参道スナップ