<   2009年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ
2009年 10月 31日
続 E-P1とGF1 選択の分かれ道
昨日の記事に対してはコメントをいただきました。
やはり概ねコンデジからのGF1という流れ(戦略)と、モノへの魅力の
E-P1って感じのようです。



ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 2.5


コメント欄でも書いたのですが、ボクとしては「友人に自信を持って薦め
られるのはGF1」「自分で買って、自慢するのがE-P1」ってな感じです。

パナには松下電工、ナショナルという家電メーカーのトップとしての歴史
があります。
企業としては日本の最先端のひとつかも知れません。
そんな会社が考えたGF1戦略がカメラ界でも通用するのか。



ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 2.0


それにパナが選択する戦場としては一眼レフで戦うより、このカテゴリで
戦う方が勝てる要素が高いし戦い易いのではと思いますので、一眼レフを
出していた頃よりもシェアとしても上がってくることは間違いないところ
かなと。

E-P1ってカメラとして楽しむ他に、カメラ本などでレビューと一緒に紹介される、
PENの歴史に興味を持ち、それを機会にしてフィルムのPENを買って楽しむ。
なんてことも考えられます。
PEN買うまでは行かなくともWebでPENの歴史に触れたり、オリのカメラメーカー
としての歩みに興味を持った人達がたくさん居るのではないかと想像しています。



ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 3.2


モノを買うって、なんだろう。。。
ちょっとした連想ゲーム、連鎖反応みたいなところがあって、例えば、スポーツカー
買ったら翌週からはサーキット通いとか、ひとつのモノを買って始まる世界があるよう
に思います。



ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 3.5


もしくはそんな世界があるってことが想像できるモノを買いたいと
ボクなんかは思います。
E-P1はそんな期待感があるカメラなのではないでしょうか。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-31 20:11 | 六本木・汐留・芝スナップ
2009年 10月 30日
E-P1とGF1 選択の分かれ道
まぁ、E-P1はAFが遅いとか液晶の解像度がとかサクサク感がない、、、
なんて色々言われています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/320 秒
絞り: 4.5


まったくその通りなんですが、一方GF1よりデザインがイケテル気がする!
って評判もあります。

デザインってデカイ存在です。
ボクの中では。

考えるに、E-P1ってフィルムコンパクトカメラから考えられ、GF1は
コンパクトデジタルカメラから考えられているような気がします。

もっと言えばE-P1はフィルムカメラのPENから。
GF1は同社のLUMIXシリーズのコンデジから。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 640
露出: 1/40 秒
絞り: 1.7


GF1なんて大きさ気にせず、LUMIXもあまり使った事ない人がみれば、
パッと見では従来のコンデジと見分けがつかないかもとも思えたりします。

でもだからこそコンデジからのステップアップには違和感「ゼロ」なん
でしょうね。

その分使いやすいってゆーか、コンデジLUMIXな人がイキナリ使っても
普段と変わらない気がするでしょう。
メニューも違和感がないって聞きますし、買ったその日から使いまくれる
カメラってことになります。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 3.2


でも撮れる写真はフォーサーズのデジタル一眼レフと変わらない。
機械としてはGF1の方が優れているのは間違いないようす。

どっちがイケテルのか?
それはもう趣味です。

”老舗”なんていう響きにとても弱いボクとしては、いかに機能的に上だと
しても、今この2009年に”白もの家電メーカー”のカメラを買っていいもの
かどうか、大いに悩むところです。
もし、今が2050年だったら老舗のGF1を選んでいたかも知れません。



PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
モデル: E-P1
ISO: 1000
露出: 1/100 秒
絞り: 1.9


どっちを選択するかなんてそんなもんですね。
これって選択者の生き様かも知れません。
モノ選びってそういうところがあると思いますし。
そのこだわりで得する部分もあるでしょうし、
損する部分もでてくるのでしょう。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-30 21:30 | お台場スナップ
2009年 10月 29日
曇った日には光を撮りたくて
曇り日には写真撮るモチベーションが上がりません。
前にも言いましたけど、曇り日は苦手です。



ISO: 200
露出: 1/50 秒
絞り: 2.0
これ、おそらく美容院のイスです。
光が当たってイスのテカリがイケテました。
奥の薄暗さも効いてます。



Photographを光画としたくらいに光を撮ることが好きなボクの場合、
光を感じにくい曇り日は撮りにくいってことになるからです。



ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 2.0
まさしくトンネル効果でしょうね。コレ。
ビールか何かの空き箱撮ったんですけど(笑)
キレイです。


でも、曇りに日でも光を感じることができる場合があります。
正確に言うと、目では見えなくともカメラで撮ると光を感じる
ことがあるように思えます。

例えば、暗いところから明るいところを覗くような場合。
トンネル効果とでも言うんでしょうか、暗い部分から
明るいところに向かって「光」がパーっと広がっていく感じ。



ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 1.7
ショップのウィンドウに写り込む光を撮っています。
こうすると曇り日でも気になりません。


また、ショップとかのウィンドウ越しに撮るような場合。
ウィンドウの中の薄暗い様子とウィンドウに写った外の光とが
合わさって奏でる感じ。

もしくは、モノそのものの色が発するヌメリ感やテカリ感。
モノの素材感とでも言えると思いますが、曇り日の僅かな光に
反応し、目で見ても何も感じなくともレンズを通すと光を感じる
ことが可能になります。



ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 3.2
イメージは南仏(笑)
久しぶりに日差しを浴びたお家って感じでしょうか。
青いテントとショップの明かりの組み合わせがイケテる
ように思いました。




ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 3.2
これは何と言っても赤いドアが効いていますよね。
上の写真もそうですが白い壁をトビ気味にして、
少しアウトフォーカスにしています。
その方がイメージだったので。



他にもスリガラスを通した時や、真っ白なモノに原色があったり
する場合などにも露出によっては光を感じることがあります。
どれも、パッと見では何も感じません。

あくまで、カメラ、、、レンズを通した場合にのみ感じることが
できるのです。
そう、ボクらはカメラを通すことで超能力を得たことになります。

まぁ、何も得するコトはありませんが、カメラを持ってない人よりも、
その日、その場の光を感じていることだけは確かでしょう。



ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 4.0
これはすりガラス越しに撮りました。
すりガラスを通すことによって曇り日でも光を
感じられてステキです。


大キライな曇りの日。
ボクはそんなことを考えながら撮ることにしました。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-29 21:26 | 原宿・表参道スナップ
2009年 10月 27日
マイクロフォーサーズを選ぶ人々について考える
E-P1やGF1を選ぶ人ってどんな人でしょうね。
初めてのカメラっていう人以外だと、、、
ボクもそんな感じですが、一眼レフ使いがサブとして使用するケース。
もうひとつがコンデジからのステップアップ組。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 3.2


一眼レフ使いのサブ派な方ですが、ボクの場合、サブってゆーか、街中で
スナップが撮りやすい(気分的にも、重量的にも)ってことで選びました。

だから街中スナップはもっぱらこのE-P1だけを持って行きます。
旅行なんかでは一眼レフも一緒に持って行くでしょうけどね。
街中はコレだけ。

一方コンデジからのステップアップ組な方々ってゆーのは、写りがイケテル
って評判聞くからデジイチ欲しいけど、ドでかい一眼レフはいやいやです。
って感じの方々でしょうか。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 2.8


その点E-P1やGF1なら大きさもほどほどで、しかも撮像素子も大きくて
写りもコンデジとは違うことが実感できることでしょうね。

でもね、でも、そういう方々がほんとに欲しいと思うのはE-P1やGF1
なんでしょうか。

本音言えば、レンズ非交換式で28mmからの10倍ズームレンズ付きで
撮像素子のでかいカメラじゃないかと。
おまけに自動開閉レンズキャップ式の。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 2.5


電源オンでグイ~~ンとレンズの筒が伸びるやつ。
でも、もちろん撮像素子は大きいからボケなんかは表現しやすい。
コンデジとの違いがすぐに実感できるカメラ。

レンズ交換なんてしたくないし、レンズ買い足さないし。
カメラ好きでもなく、マニアでもないし。
ただ、コンデジ以上の写真を撮りたいのです。
だって、分かんないし、、、レンズのことなんて。。。

こんな感じの人が大多数なのかなと。
コンデジでいいから、ただキレイに写るっていう評判の撮像素子が
大きいだけの奴。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 3.5


そんなのが欲しいのかも。
具体的にはボクの使ってるリコーGX100(ズーム率低いけど)とかで、
単純にその撮像素子が大きいとか。

実はGX100の単焦点版とも言えるGRDがありますが、これの撮像素子が大きい
みたいな奴ってもうすぐ出るんですよね。

そう、ライカのX1。
撮像素子はAPS-Cサイズで換算約35mmの単焦点付き(固定)。
もちろんズームなし。
まぁ、レンズキャップの自動開閉はないようですけど(笑)

でも20万!!買えない。
ボク自身はレンズ交換もしたいので買わないですけどね。。。(笑)



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 2.8


これからのカメラ業界、出すのならソレですよ。
ちょっと名称長いけど、「レンズ非交換式で28mmからの10倍ズームレンズ
付きで撮像素子のでかいカメラ」ですよ。
まぁ、名前はメーカーさんなら色々付けるのが得意でしょうから今回ボクからは
コメントなしです(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-27 21:33 | 自由が丘スナップ
2009年 10月 26日
現代流に考えるとE-P1は一眼なのかについて考えた~3
さて、どうでもいいことを3夜連続で考えてますが、今日こそは結論です。
E-P1の”呼称”はいったい一眼なのか一眼じゃないのか。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 4.0
これ、気に入ってます。
子供とお母さん。
目線に優しさってゆーか、安らぎみたいなものを感じます。
そのお母さんの”感じ”が後のでかい濃茶色のドアとレンガに
よって浮きがって来るように思いました。



今まで述べて来たように一眼か否かって実は視点により変わってくる
ものなのですね。

例えばよくマイクロフォーサーズで言われる事として
 「画像(画質)は一眼、でも、大きさはコンデジ並み」
というのがあります。

言いたいことは分かりますが、この場合の「一眼」って、実は
”撮像素子”の大きなデジタルカメラを指していることになってます。
でも前回書いたように撮像素子の大きさだけで区別するには今は
もう無理が生じてきています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 4.0
ヘタしたらモノトーンにも見えるような絵ですね。
こんな無造作に切り取った感じ好きです。



ボクも考えてて気付きましたが、その時の人の視点によって違うのです。
だからこそ皆E-P1は一眼なのかどうなのかが分からなくなる。
議論も出てくる。

このブログで行った定義のおさらいとしては、、、
 一眼の定義:一眼か否かは姿形で住み分け可能。
       トンガリ頭付きを一眼と呼称する。

 一眼の定義:一眼か否かは撮像素子の大きさだけではない。
       レンズ交換可能なカメラを一眼と呼称する。

と、E-P1にとっては真逆な結論が出ているのですね。ここでは(笑)
困ったモンです。
やっぱ、一眼はレフ付きのカメラと定義した方が簡単かなと、
楽かなと、思ってきました。これ、逃げですけど (^^ゞ



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 4.0
天気が悪いと発色も悪いような気がしてしまいます。
この日はVIVIDに設定してました。



さぁ、結論です。
メーカー側ではファッションムービー一眼、マイクロ一眼と呼んで
いますが、ボクとしてはイケテナイと思っています。
かっこ悪いんじゃねーのって。特にファッション~の方(笑)

だからというわけではないですが、E-P1≠一眼というのが
ボクの結論です。
やっぱ一眼の定義って「レンズ交換可能か否か」ではなく、
「トンガリ頭付きを一眼と呼称する」
じゃないかなぁと。思うことにしたわけです。

要するに見た目ですね。
だからパナのGH1なんかは一眼って呼称しても良いのかとも思いますし、
これこそネオ一眼(一眼カメラの新しい提案)じゃん!なんてことも。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 2.5
あいにくの天気でガーデンにはなっていませんでした。
感じの良さそうなお店でしたよ。



結論:
E-P1は一眼って呼べないしましてやネオ一眼とは呼べない。
でも、視点によっては変化してもそれも可とする。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-26 20:19 | 原宿・表参道スナップ
2009年 10月 25日
現代流に考えるとE-P1は一眼なのかについて考えた~2
昨日に続き今回は撮像素子の大きさで住み分けがつくのかについて
考えてみましょうか。前回とは全く違う思考でやり直しです。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/40 秒
絞り: 1.7


まず現在のところ、デジタル一眼レフが使っている素子にはフルサイズ、
APSサイズ、フォーサーズとあります。

また、今までのコンパクトデジカメには上記のような素子を使ったカメラは
存在してきませんでした。
なので、撮像素子が前述のモノを使用しているのが一眼と呼んでも良い
のかなと思えます。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 400
露出: 1/40 秒
絞り: 1.7


でも現在は、E-P1にGF1、ライカX1やDP1,2などが存在してしまってます。

ボクの感じ方としてはDP1,2やライカX1は一眼と呼ぶには抵抗があります。
世間的にもDP1を一眼って呼んでるところには巡り会っていません。
E-P1やGF1はメーカー側が自らが「~一眼」と呼んだりしています。
だからなのか分かりませんが、ボク的にも、まぁ、「一眼」なのかな。と、
違和感はあんまりないかなと。なんとなくですけど。

従って、呼称として「一眼」と呼ぶ定義には撮像素子の大きさでは今はもう
住み分けできないってことになります。
でも一応、住み分けの目安としてコンデジとは違う、もうワンランク上の
ひょっとしたらコンデジよりキレイな画像が撮れそうな気がするカメラで
あるということは言えると思います。



PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 2.8


んじゃ、DP1,2やライカX1を一眼って呼称するにあたっての障害は何なのか?
ボク的にはレンズ交換ができるか/できないか。という点になるかと思います。

すなわち、もし仮に万が一にDP1がレンズ交換可能だったら、、、
一眼って呼んでも良いのかなぁ。。。って感じです。
あくまでも感じですけど。

じゃ、ここで、E-P1は??ってことになります。
撮像素子はフォーサーズ規格サイズと同じなのでコンデジよりはキレイに撮れ
そうなカメラで、かつ、レンズ交換も可能。
まぁ、一眼かなと。。。今日は思ったりします。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 320
露出: 1/40 秒
絞り: 1.7


本日の結論
 一眼の定義:一眼か否かは撮像素子の大きさだけではない。
       レンズ交換可能なカメラを一眼と呼称する。

まだまだ続く。。。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-25 19:13 | お台場スナップ
2009年 10月 24日
現代流に考えるとE-P1は一眼なのかについて考えた~1
まず、マイクロ一眼=小さい一眼
一眼=一眼”レフ”と定義する。

すると、E-P1=マイクロ一眼=小さい一眼=小さい一眼レフとなる。
この答えはNo!ってことになります。
E-P1にはレフはないですから。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 2.0


今までは言葉の定義として「一眼」=「一眼レフ」という認識、
ってゆーか、そういうもんだと思ってました。

さらに「一眼レフ」のレフって、レフレックス構造を持っていて、
レンズの画像をミラーでもってファインダーに導いてくるって意味なので、
一般的に思い浮かぶ「コンパクトデジカメ」≠「一眼」って。

一旦整理してみると、デジタルのカメラの呼称とそれぞれの意味って
以下があるように思います。
 「(デジ)一眼レフ」:ミラーがありファインダーを見て撮影する。
            三角のトンガリ頭が付いてる形である。
 「コンパクトデジカメ」:コンパクト(サイズ規定はない)でミラーが
             なく液晶を見て撮影する。
             三角のトンガリ頭は付いていない。
 「ネオ一眼」:レンズ交換不可で液晶ビューファインダーを見て撮影する。
        三角のトンガリ頭が付いてる形である。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 2.8


何となくですが要するにカメラの「形」で呼称が変わってくるのかなと。
例えば「一眼」って呼称名に着目すれば、上記のうち共通しているのは
「デジ一眼レフ」と「ネオ一眼」です。

ネオってすなわち、新しい一眼の提案の意味であり、ここでの「一眼」は
トンガリ頭がある形のことを言っているのだろうと思うわけです。
ってゆーことは、「一眼」=「トンガリ頭の存在」とも取れます。

もっと言えばトンガリ頭がないなら「一眼」とは呼称しないって定義が
浮かんできます。(トンガリ頭のない一眼レフもありますが)
ここでひとつの結論としては、この定義だとE-P1はトンガリ頭がないので、
一眼ではない。ってことです。

また、文字通り「一眼」の定義をレンズがひとつってことで括ってしまうと、
今度は、俗に言うコンパクトデジカメも一眼に入ってしまう、ってゆーか、
ほとんどのカメラが「一眼」に属してしまうという矛盾が生じてきます。
なので、現在では「一眼」≠「レンズがひとつのカメラ」という風に思って
いいのかなと。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 3.5


また、遠い昔を考えても機構としての一眼レフカメラが登場した時、ライカなど
のレンジファインダーカメラとは区別する意味で一眼って名前ができたことを
想像しています。

なので、昔から「一眼」って「トンガリ頭」が付いたカメラの形を現した呼称
であり、実際にレフがあるかないかではないと思えてきて、そういう意味では
呼び名も「トンガリ頭付きレフ」でも、もちろん良いわけですね。

ただ、レフがあれば多くのカメラで「トンガリ頭」付きになるので
「一眼」=「一眼レフ」って意味としても間違いではないってことも
言えるところが紛らわしいのですね。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 5.6


話がややこしくなってきましたが、上記で考えていくと、やっぱ、E-P1は
「トンガリ頭付き」ではないので「一眼」とは呼べないとなってしまいますね。

本日の結論
 一眼の定義:一眼か否かは姿形で住み分け可能。
       トンガリ頭付きを一眼と呼称する。

次に続く。。。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-24 20:39 | 六本木・汐留・芝スナップ
2009年 10月 23日
Photographについて考える銀座
エキサイト翻訳で写真を訳すとPhotographと出てきます。
WikipediaによるとPhotographの「photo」は「光の」、
「graph」は「かく(書く、描く)もの」となっています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 2.2


なので実際にはPhotograph≠写真となり、Photograph=光の画
と定義されると。

「写真」。。。「真を写す」とすると、
カメラで撮った映像はけして真ではなく、従って写真ではない
ように感じています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 2.2


ボクらの目をカメラ、あるいはレンズとした場合、脳にフィルムが
あって、そこに焼き付けられた映像が真であり「写真」ではないかと
思います。

カメラで撮ると見たままには写りません。
露出や色などの違いだけではなく、やっぱ目で見た映像とカメラで
撮った映像は違うように思えます。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 400
露出: 1/40 秒
絞り: 1.8


目で見た時よりも光が強調されるというか、光が目立つというか、
光が印象に残ります。

Photograph=写真と誰が訳したのかは知りません。
間違いではないけれど、正しい訳とは言えない。
意訳なんでしょうけど、その「意」が違う。

先のWikipediaでは本来の意味からすると、Photographを「光の画」と
訳せたという意見があることを書いていますが、まさにコレではないで
しょうか。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 2.0


Photograph=光画と意訳されていれば。
「ちょっと光画を撮ってくるネ!」
なんて、写真がもっと崇高な趣味になっていて、家から外にも撮りに
出やすくなっていたかも知れません(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-23 20:52 | 銀座・有楽町スナップ
2009年 10月 22日
ボクの好きなもの
ボクは車が大好きです。
車の性能自体も好きですが、その車の取り巻く環境や
その車の培った歴史、そこに至る歩みなどにも興味があります。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 800
露出: 1/40 秒
絞り: 1.7


車越しに見た風景。
俗に言う景色という意味合いの「風景」ではなく、その車を
通して見える色々なモノが好きなのかも知れません。

普段から乗っていて分かる事や、見て語らって分かる事、
限界まで攻めてみて初めて知る本性、その車を所有することに
よって生み出される環境、メータを見るだけで揺れ動く心情。



PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
ISO: 1600
露出: 1/60 秒
絞り: 1.9


見て、使って、思って、、、まるでカメラみたいに所有欲を
満たしてくれるものがボクにとっての車なのでしょう。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 800
露出: 1/40 秒
絞り: 1.8


車と、ここでは書いていますがそれはある一台を指しています。
車の名前は書きませんが、ボクにとっての車とはその一台を
指し示していることでもあります。



PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
ISO: 640
露出: 1/100 秒
絞り: 4.0


その車が居てくれることで見えてくる何か、そのカメラが
あることによって潤う生活。
どちらもボクにはなくてはならない存在なのです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-22 22:44 | お台場スナップ
2009年 10月 21日
遠い夢の記憶

PEN E-P1 MZD 17mm
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 2.8


今日夢を見た。
娘達の夢だった。
面白かったのは上の娘がまだ幼かったこと。
ちょうど4歳くらいだろうか。
そう、まだプリキュアに夢中だったあの頃。
相変わらずなのは走り回っていたことか。


 
GX100
ISO: 80
露出: 1/540 秒
絞り: 8.8


ボクは娘達の夢を見た。
遠い遠い記憶のような一瞬で終わってしまう、
写真のような夢だったけど、とても楽しい気持ちに
させてくれる夢だった。
きっとボクは忘れないだろう。
どんなに遠い夢の記憶でも。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-21 21:53 | Photo Days