<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ
2009年 09月 30日
E-P1について多摩川で考える
E-P1の魅力ってなんでしょうか。

デジタル一眼レフ小型と比べて軽くて小型で、レンズ一体式コンデジに比べれば、
撮像素子が大きくてボケも作れて。。。と言う認識でしょうか。

それもそうですがボクが一番魅力に感じるのはその雰囲気です。
これは表現が難しいですが、デザインであり、雰囲気であり、コンセプトである
わけです。

大雑把に考えれば上記は全て同じ事を言っています。
デザインを作るのがコンセプトであり、そのデザインがあるからイケテル雰囲気が
出てくるわけで。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

もちろん、完璧ではありません。
電源のイルミネーションはいらねぇ、フォーサーズのマーク取ってしまいたい、
カメラにSince 1959はないだろう!
なんて、他にも色々言いたい事はあります。

所詮はマーケティング主体の工業製品ですからボク、君、あなた、、、
にとって完璧なものが作りにくくなっている実情があるのでしょう。
大人の事情もあるでしょう。

でもその中ではわりと、パーソナルに振った(もしくはそう思える)ようなところが
E-P1にはあります。
マーケティングなんかせずに担当者が作りたい物を作った的な。

そこが魅力なんでしょうね。
リコーのGRシリーズなんかにもイケテル雰囲気や、パーソナルな感覚を覚えますが、
アッチは機能から来る美しさが魅力ですね。
GRDを見ると、コレを撫でていたいとか、眺めていたいと言うより、
コレで撮りたい!って気がしてくるものです。

誰かがWebに書いていましたが、E-P1にはE-P1を撮る楽しみがある。と。
要するに被写体としてもE-P1はイケテルってわけで、一番悲しいのはE-P1で
E-P1を撮れないことであると(笑)

 
PEN E-P1 MZD 17mm

たとえ数倍の値段のするフルサイズデジイチでもそれを被写体にしようとは思いません。
レビュー以外には。

でもE-P1だとE-P1そのものを撮りたくなるのも事実。
ちょっとカフェに行った時や芝生の上でランチする時、ホテルのロビーなんかで
E-P1を撮ってみたい(変??)

用もないのに触ったり、シャッター切ったり、挙句のはてには飾ってみたりもして。
だから、張り革だとか、ストラップだとか、レンズフードだとかのデコレーションが
気になったりするんですね。
ボクもやってますが(照)

以前にPEN E-P1の○と×でダメだししまくったE-P1ですが、実のところE-P1の魅力は
こんなところにあったんですね。
それも、他のデジタルでは中々出会えない魅力が。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

これはLUMIX GF1じゃ味わえない魅力です。
特にボクにとってLUMIX GF1の魅力はLVファインダーですから。

だから、次期E-P2にはLVファインダーを是非に。
それもできれば、内蔵のファインダーを。トンガリ三角なしにね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-30 21:11 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 29日
自由が丘で考えるE-P1の携帯性
GF1:119x71x36.3 mm 285 g
E-P1:120.5x70x35 mm 335 g

GF1とは50gの差がありますが、これ位の差であれば他の荷物との割合においては
携帯性が損なわれる程の差ではないと思います。
パンケーキレンズ付けるとその差が20g程度になるので、それこそ気にするような
レベルではないと。
むしろカメラの携帯性については重さよりも厚み(奥行き)が一番効いて来るのでは
ないかと思っています。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
変な表現ですが、静かな感じがするバイオリンがステキですね。


要するにカメラの薄さですね。
極端に長さが長い場合を除き、高さや横幅はあまり影響がないように思っています。

例えばカバンの前面に付いているようなポケットに入れようとした場合、
ほとんどのカバンで高さと横幅は入ると思いますが、厚みがあるとかなり窮屈に
なったりします。

ボクにはこれが気になるのですよ。
入れたはいいけどアクセスしにくい、取り出しにくい。。。など。

大抵のカバンの前ポケットだとカメラを縦にして入れると思いますが、その場合、
カメラの横幅や高さについてはそれぞれポケットの深さや横幅に相当します。

仮にもコンデジ相当のカメラを入れようという腹積もりがあるのなら、E-P1だから
と言って、最初からこれが足りないっていうのはそうはないように思います。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
仕立て屋さんって、ボク好きです。
子供の時は大人になったら、、、って思ってました(笑)


一方、カメラの厚みですが、これはポケットではマチに相当します。
縦、幅がOKでも、このマチが足りないケース(厚みを考慮してないポケットが)が
多いように思うのです。

ポケットに入れる時、もう少し力を入れれば入りそうだなぁ、、、とか思ったことありませんか?
もしくはギリギリ入りそう!って思うことも。
その時に少しこのマチに余裕があれば、案外楽勝で入るじゃん!ってことになったり
するもんです。

手に持ち歩く時も、まさかカメラの横幅の部分を手を広げて持つってことはないですよね。
レンズ、もしくは液晶を手のひら側にして、縦にグワッっと鷲づかみもそんなに考えられません。
あるとすれば、カメラの上から厚みの部分を親指と人差し指、中指ではさむように、
そして人差し指と中指の腹にグリップ部分を沿わす感じで持ち歩くのが多いのでは
ないでしょうか。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT
こういうメールボックスが似合う家に住みたいもんですが。


ボクは街中だとこのタイプです。
時おり親指をシャッターボタン上に置き、いつでもシャッターが切れるようにもしています。
これはコンデジの時からのクセのようなもので。
旅行なんかだと長いストラップを襷がけですけどね。

こんな場合にやっぱカメラの厚みは薄い方が楽だと感じます。
なので、1.3mm厚みの薄いE-P1の方が偉い!ってことに、、、なる??(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-29 21:18 | 自由が丘スナップ
2009年 09月 28日
横浜で考えるモノクロの光
光が自分の感性に合った感じにある時、ボクはモノクロで撮りたくなります。
もしくはモノクロの目で見たらどうなんだろう、、、って興味が湧いてきます。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

人間にはモノクロの目はないので、それを叶えてくれるのはカメラしかありません。
だから、イケテル光線があったらモノクロで撮りたくなるのです。

イケテル光線が存在する場所は逆光や斜光になっている場所になります。
順光の光なんかだと光を捉えることは難しいです。
そこに陰があればまたそれはイケテル感じにもなりますが、基本的には
順光より逆光や斜光の方が好みです。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

でも順光には順光の良さがあります。
それは色です。
逆光や斜光よりもキチンと色を出してくれます。

前にも書きましたがボクが写真を撮りたくなる時。
それは撮る対象そのものや構図、光、色がイケテル状況の時になります。

光が好きなのはそれによって表現可能な、情緒が好きなんでしょうね。
それを撮った撮影者の心が見えるというか、その時の感情表現がしやすいというか。
見る方もどんな気持ちで撮られたものなのか、作者の気持ちにまで入りこんで見ること
が求められる。
光を捉えた写真って、じっくり見て楽しめるのかも知れません。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

逆に色や構図や色ってのは、見てすぐに分かるインパクトがあります。
パッと見て、この構図や色がイケテルなぁ、、、って。
わぁ!キレイ!!って。

だから、順光の場合には、情緒に訴えなくてもキチンとした色で表現が可能なんですね。
それが順光の良さではないでしょうか。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

その点、モノクロ写真は逆光、斜光で撮った方が良い場合が多い気がしてます。
これからもたくさんのいい光に出会いたいものです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-28 21:19 | 横浜スナップ
2009年 09月 27日
多摩川で考える露出補正
カメラが難しい演算してたたき出した適正露出値というのは、測光した部分の明るさを中間グレー
(18%グレー)にすると言われ、概ねこの数値からプラマイ3EVが白飛び/黒つぶれの限界と
言われています。(完全にツブレるのは4EVだったかな)

なので、プラマイ3EV分は撮影者が任意に補正できる許容範囲内ということもできます。
この間なら自分の考える絵になるように補正可能ってことです。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはバックの絵の色を出したかったので-3補正しています。


もちろん補正は撮影者の自由です。
マイナス5EVにして完全に黒つぶれをしても、自分がイケテルと思えばそれでOKなわけです。
ただ、目安としてプラマイ3EV内であれば後はさじ加減って考えにもなります。

そう考えると大分気が楽に露出補正を行うこともできるようになってきます。
カメラが難しい演算処理を行った結果がベースにあり、そこからプラマイ3EV内なら
写真がまったく見えなくなるってことがなくなる。と言うお墨付きがあるからです。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
この時は最初±0で撮って、光の加減がイケテなかったので-3補正して撮りなおししたものです。


面倒なことが大嫌いなボクはそんなオキラクな考えで撮っています。
失敗も自分の表現です!なんて、言い放って(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-27 19:44 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 26日
自由が丘のWB
街中スナップではほとんどの場合、デイライト(太陽光)で撮っています。
昼間はもちろんのこと、夕方や夜もデイライトです。
ミックス光などの時はAWBも試しますが、まぁほとんどデイライトでしょうか。

あとは部屋の中などはマニュアルで合わせたり、AWBで撮ったりもします。
自分の部屋ではすでにマニュアル登録してあるのでそれで撮ったりします。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
これももちろんデイライトで撮影しています。
ステキなアンバー色なのに補正したらもったいない!って感じです。


たまにWBを変えて(崩して)撮ったりもします。
先日の「ボクの住む街」なんかはそうですね。
夕方から夜に変わるほんの一瞬5分程度のマジックタイムでしたから
青い空を強調するためにWBをホンの少しブルー乗っけしています。
中々のマジックタイムにふさわしいキレイな色が出ていたと思います。

でも、最初に書いたようにほとんどの場合デイライトですね。
この方が自然だし、ボクは電球色が大好きだったりもするので、
その色が一番キレイに自然に出るのがデイライトのような気がしてます。

たまに日陰なんかに行くと、ちょっと青っぽくでることがあるので、
その時は少し色温度を高めに設定して撮ったりしています。
例えばデイライトが5200Kだったとしたら5500Kに設定しておいたプリセット
設定を使うとか。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
おそらくWB補正すると、あちこちにある電球の赤みが白っぽく修正される
ことでしょうね。
地面の色なんかもあっさりとなっちゃうのかな。


E-P1のWBの補正設定(色を変化させる設定)で気になったのは、設定場面では
実際の画像を元に変化が見られるようになっているのですが、これがリアルタイム
には変わらないんですよね。

AEL/AFLボタンで任意の場所をサンプル撮影してその画像を元にWBの色を
変えて行くことになっています。
普通に考えれば、設定値(色)を変えればどんどんサンプル画像の色目が
変わって行くと思いますよね。

ところが!まったく変化ナシ。。。
最初は壊れているのかと思いましたよ。
途中で諦めましたけど。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
実際に夜お店を見るとこんな感じじゃありませんか??
ほんわかと赤くって優しい感じ。
ボクにはそんなイメージに見えます。


でも、ホントの使用方法としては、色目を変化させておいて、その都度に
AEL/AFLボタンを押下してサンプル画像で確認するってことらしいですね。
色を変えてAEL/AFLボタン、また色を変えてAEL/AFLボタン。。。
もうちょっと、ブルー乗っけて、、、っっってオイ!
ああ、面倒!

K10Dならもちろんリアルタイムに変わってくれますよ。 楽だ(笑)
なんだろうね、これ。
面倒ってゆーか、分かりにくいし使いにくい。
他のオリンパスは分かりませんけど、こんな面倒で設定しにくいことを
ユーザにやらしているんでしょうかね。
どんなポリシーでインタフェース作ってるんだろうなぁ。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
誰かのケープでしょうか。
なんとなく、情感があります。
これが白く補正されていたら。。。
きっと、おもしろくも何ともないでしょうね。
何かを感じるのはこの色だからかなぁ。


何度も繰り返しますが、K10Dなら楽ですよ。
サンプル画像ってゆーか、わざわざそんな事もせずに、自動的に直前に撮った
画像を呼び出してきて、その色を変化させて色目を決定できますからね。
目的の被写体を撮りながら設定できますもんね。
E-P1のこの仕様は変えて欲しいと思いました。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-26 19:52 | 自由が丘スナップ
2009年 09月 25日
失敗しちゃったカフェ写真
E-P1に付いている階調補正機能(SAT)ですが、これを使用すると
黒つぶれを押さえ、見かけの階調を広げてくれるという、言葉に書けば
スグレモノの機能です。

こんな夢のような機能なんですが、やってることは暗部を明るく持ち上げる
ってことなわけで、明るくするってことは感度が上がるというわけで、
感度が上がると出来上がった写真に高感度ノイズが増えることになっちゃいます。

まぁ、分かってて使用する分にはイイのです。自分で納得するわけですから。
でも、知らずに使ったら、それも元々暗い場所でシャッタースピード稼ぎたくって
感度上げてたら。。。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはISO640です。
ノイズ低減はすべて標準です。


結果、こんなことになっちゃいます。
帰って見たら何だかノイズがすげぇ~~!!って気付きました。
階調がオートに設定してあります。
自分じゃ設定してないのに。

そう言えば、この数時間前一枚だけ階調オート使いました。
確かに、使いましたよ。
使った後、そのままにしてたんですねぇ。

やっちゃった、、、って感じです。
撮るとき気付けよ!って話なんですが、液晶には常時表示されないんですね、これが。
もちろん設定する箇所では表示してるんですけど、設定変更しない時なんかは
そのまま撮っちゃいますね、これは。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはISO800まで上がってますね。
ちなみにWBは5300Kに設定して赤味を強調してます。


だって、通常確認するのはWB、測光モード、ISO感度、露出補正くらいですから。
そんな、他の設定を隅々まで確認しないですぅ。

まぁ、自分のミスですね。
以前は階調オートをどっかのボタンに割り振れたらと思ってましたが、
液晶画面にも表示してくれれば、こんな間違いもなくなると思います。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
ろうそくの明かりに助けられ、ISO200で撮れています。
階調オート(SAT)のおかげで暗部もつぶれずに見えますね。


WBや露出がなんか変だったらカメラの液晶で気付きますが、階調オート設定か
階調ノーマルかなんて、カメラの液晶だけだと分かりません。
オリンパスは、もーちっと考えて欲しいと思います。
っと、当り散らしてウップンを晴らしてみました。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-25 21:25 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 24日
RAWなんてしない
ボクは普段あまりRAW撮影(現像)しません。
理由は帰ってからが面倒だから(笑)
重いソフトが立ち上がるのを待っているのがイヤだから(爆)

そのため、状況に納得できない場合には、露出違いやWB違いなど何枚か
撮ったりして、撮影している時にその場で苦労しています。
とはいえ、設定すればデジカメが勝手にやってくれるので何かを必死に
考えているわけでもありませんが。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはRAW現像しました。
できるだけキレイに、しかもできるだけ積極的に高ISO感度ノイズ低減
するためです。
ちなみにISOオートで、ISO1000まで上がってます。

これ、なんと! NAVIからもE-P1の本が出ているのですね。
ボクの大好きな車雑誌「NAVI」。
車の性能だけでな、車と人、モノ、風俗など、各々の車にまつわること
が書かれていて自動車ファンだけではない雑誌だと思っています。

二玄社が出す、このNAVIと大昔からあるCAR GRAPHIC。
ボクの愛読書。
できたら二玄社から月間でカメラ雑誌出してくれないかなぁ。
NAVI的な感覚のやつとCG的な感覚のカメラ雑誌。
カメラを取り巻く環境って、今はそんな時代に突入してきてると
思いますが、どうでしょうかねぇ。


さて、ボクがRAWで撮る時。積極的に選択する可能性は??
WBや露出が難しく、かつ、撮影する時に時間がない場合には
RAW撮影はアリですかね。
なので、撮影時にその場で時間を掛けるか、帰ってから時間を掛けるかの
二者選択ってことでしょうか。
ボクの場合、先に書いたように帰ったら何もしたくないので現場重視です(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-24 20:20 | テーブルフォト
2009年 09月 23日
ボクの住む街
何だか小学生の絵日記のようなタイトルになってしまいましたが、
そもそもボクが写真を始めたきっかけというのは絵が描けないという
ことがあります。
要するに絵がとってもヘタなんですよ(笑)

それに工作もヘタ。
プラモデルは大好きでしたが自分で組み立てたことがない(恥)
いつも作ってもらってました。
飾るだけの子供人生。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

ボクの家には今も幼稚園の頃に描いたビルと自動車の絵が額縁に入って
残っています。
真四角なビルにたくさんの窓、四角を組み合わせた車体に長方形の窓、
タイヤだけは丸。それも黒いデカイ丸。

今もボクの描く絵は変わっていません。
ってゆーか、色んなディテールを知った今では幼稚園の頃より
たちが悪いくらいです。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

まぁ、ボクの絵はこの辺にして、何故写真を始めたかですが、
そんなボクでも人並みに芸術的なものをやってみたかったのですよ。
何か形に残したいし、客観的に見てみたいってのがありました。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

でも、絵もモノ作りもNG。
そんな時、写真があったわけですね。

写真ならヘタでもある程度の結果は残せます。
構図がダメでも多少暗くても、明るすぎてもそれなりの結果は出ます。
絵だとこうはいきませんよね。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

線も真っ直ぐに描けないようじゃ、あまりにみじめ過ぎて結果として
残らないんです。そんなの残したくないし(笑)

写真はイイです。
シャッター切るだけで誰でも結果が残せます。
後で修正できたりなんかも可能ときています。
創造する力のないボクにはピッタリな趣味ってわけですね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-23 19:48 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 22日
銀座考える露出モード
「カフェで考えるISO感度」でも少し書きましたが、
使い慣れたデジタル一眼レフ(K10D)とE-P1で基本設定が違います。
本当は同じような設定で使いたいのですが、カメラ性能の違いで
変えざるを得ない状況っていうのが正直なところです。
前回のISO感度もそうですが、露出モードも今までとは変えています。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

基本的なボクの考えとしてはできるだけ写真を撮る時には楽をしたい
という信念があります(笑)
楽をするということは街中などのスナップなんかでは瞬間的に早く撮れる
ことにも繋がります。
不審者に間違えられぬよう街中ではあまりじ~っとしてたくないものです。
被写体を見つけたらできるだけパッと撮れるような設定がボク的には楽な
設定って言う事になります。

なのでスナップなんかだとほんとは評価測光を使いたい。
スナップ的に全体の光を考えて撮るような場合は特にそうです。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

でもK10Dの場合には中央部重点測光を使用しています。
最初に使った時に評価測光があまり信用できない印象を持ってしまったからです。
あまり、当てにならない。露出をはずす事が多くどうしてもその都度補正が
必要になります。

補正自体は問題ないのですが、評価測光の場合どのように露出をはじき出しているか、
どのような画面要素(光の情報)を持って演算しているのか。
撮ってる方には分からないということが問題をややこしくしてしまいます。

例えば黒っぽい被写体が画面に入っている場合、全体の光の反射率とその黒色を
どのようにバランスで評価しているのかはまったく検討がつきません。
画面の分割数にもよるでしょうし、色によって異なる反射率を判断するロジックが
分からないので、それによって出された答えが正しいのか分かりません。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

また、ちょっとカメラを振っただけで露出が変わって行きます。
画面全体を評価して測光するのですから、カメラとしては正しい動作仕様では
あるのですが、何故そのように判断したかは撮影者には分からないのです。

だから、評価測光は結果が命。
途中経過なんてどうでもよくて(ってか分からないので)、写した写真が良ければ
儲けモノなわけで、そう言う点でK10Dの評価測光で出された結果には満足がいかな
かったということです。

もう一つの理由としては、K10Dだと中望遠レンズを多く使用するってこともあります。
換算50mm以上を使用することが多く、ほとんどの場合換算で60~100mm位のレンズで
撮っています。

この場合街中の全体を撮るというより、ある部分を切り取るという要素が多く
なってきます。
すると、あまり写真の全体の光を評価する評価測光を使用する意味がなくなってきます。
極端な話、その撮るモノ自体の測光だけ行えば良いことになりますので、対象の色(反射率)
だけを考えて補正が可能です。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

もちろん、このような場合でも評価測光で撮る事は可能ですが、前述のように
カメラが自動的に判断(多くの情報を演算)しますので、補正値もその場面で、
その都度考えなくてはならなくなり、ボクには面倒ってことになります。

K10Dで撮る場合は中望遠ですから、被写体を見つけて、例えばそれが黒っぽいモノ
だったら、露出補正をマイナスにしなかがら近づいて行き、構成を決めながら
パシャリって感じです。

評価測光だとカメラがどのような情報でその場の光を考え、演算を行っているのか
分からないので、一発撮ってから考える必要も出てきてしまいます。

一方E-P1の方は評価測光がK10Dより使える印象を持っています。
街撮りのほとんどの場合で、はずす事が少ないと感じているのです。
だから、E-P1では基本は評価測光、モノに最短距離まで近づく場合や、
中望遠を使用してモノを切り取るような撮り方の場合は中央部重点
(もしくはスポット測光)に切り替えます。
なので、切り替えやすいようにE-P1のボタン設定(メインダイヤル)を
測光モード切替に当ててたりしています。

あとは、やはりライブビューですので、通常の一眼レフとはカメラから与え
られる情報量(判断材料)が違います。
何しろ、そのまま見えている訳ですから、カメラが何考えて演算処理してるか
分からないような評価測光でも一目瞭然です。
前述のように経過なんてどうでもよくて、結果が命の評価測光にはもって来い
のカメラ(ライブビュー)と言えなくもありません。

ただ、E-P1だけ使っていると、何だか自分の測光方式が変わってきてしまい、
自分の中での露出測光ロジックが狂ってしまいそうで心配ではあります。
もし狂ってしまったら、、、その時はK10Dでリハビリに励みます(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-22 19:26 | 銀座・有楽町スナップ
2009年 09月 21日
シンプルカフェ
ボクの家の近くにはD&DEPARTMENT DININGがあります。
ここは伝票がなく、この人形が伝票変わりになってたりします。
帰りにはこれを持ってレジにいきます。
子供となら問題ないですが、大人一人だと気恥ずかしいですか(笑)
 
PEN E-P1 MZD 17mm

カフェの中も外もいたってシンプル。
テーブルがあり、ソファがあるそれだけ。
窓は大きいのですが、よく見ないと外からは
カフェと認識できないかもしれません。
 
PEN E-P1 MZD 17mm

でもシンプルだから落ち着けます。
夜中までやっているので夜カフェめしも問題なし。
環八に面しているのでちょっと前なら道路沿いに
駐車しても問題なし??だったのですが、このご時世
ではちょっと危険かも。
ボクは自転車でGO!なので問題ないです
 
PEN E-P1 MZD 17mm
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-21 19:58 | 田園調布・多摩川スナップ