カテゴリ:銀座・有楽町スナップ( 152 )

人気ブログランキングへ
2011年 01月 06日
nanoからコードが無くなった日
昨年の暮れに購入したiPod nanoですが、腕時計
化+Bluetooth化をしてみました。
買ったのはトランスミッターがSennheiser BTD 300i
で、イヤフォンはロジテックのLBT-PCHP02の組み合わせ。
腕時計としてはどうだか分かりませんが、やっぱコードレスは
幸せになれますね。
今までどれだけイヤフォンのコードが邪魔だった
か身にしみて感じます。


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 800
露出: 1/45 秒
絞り: 4.5

でも、良いところばかりじゃありません。
nanoのバッテリーがもたないのですよ、コレが(笑)
大体3時間~4時間位でしょうかね。
だから一日中スナップ撮ってたりしたら、確実に
途中で音無しになります。
何とかなんねーかなぁと、思っていますが充電器
買うしかないのでしょうかね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-01-06 21:01 | 銀座・有楽町スナップ
2011年 01月 01日
ストリートからの2011
年の始めはボクらしくストリートスナップから。


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 400
露出: 1/90 秒
絞り: 8.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-01-01 20:15 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 12月 31日
聖なる夜から
聖なる夜はとうに過ぎ、しめ飾りの日が近づいている。
いや、街はすでにしめ飾りと門松だらけであった。
それと共に子供達のお願いの相手が、サンタさん
(プレゼント)から親(お年玉)へと移るのである。

そんな日を何度繰り返してきたことか。
立場は変われどお正月は必ずやって来る。
ボクにはただの休日なのに。
後、何度この周期を繰り返すのだろうか。
と、言いつつ今年もまた過ぎていく。

皆さん、良いお年を。


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 800
露出: 1/74 秒
絞り: 8.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-12-31 18:53 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 12月 29日
すぐピークに達する日
上の2枚の写真は撮影地である銀座に着いてすぐ
に撮った写真です。
以前にも書いたかもしれませんが、ボクの場合、
イザ撮影場所に到着しても、すぐにピークには達
せず、しばらくはその街の雰囲気に、体ってゆー
か、目(カメラの目)が慣れるように、時間を掛
けて数枚撮る行為を行います。

まぁ、その慣れのシャッターの対象は何でも良い
のですが、たまたま光がキレイだったり、イケテ
る風景があったりしたらメッケもんで、かつ、そこ
からすぐさまピークに達することもあります(笑)

んで、今回の到着直後の写真ですが、とても光が
キレイだったんですよね。
だからそこから先はすぐピークに(笑)
楽しかったなぁ。。。


R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 200
露出: 1/158 秒
絞り: 8.0



R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 200
露出: 1/169 秒
絞り: 8.0



R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-12-29 20:23 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 12月 20日
パスポートスリング買ったし
カメラ散歩用のバックを買いました。
ロープロのパスポートスリングってやつです。
今はノーマディックのWISE WALKERって言う
散歩に特化されたバックを使っています。
これにカメラ用のインナーバックを入れて街中に
繰り出しています。

カメラバックではないのですが、このバックは
大変使いやすく、バックとしての機能には文句の
付けようがありません。
ただ唯一、ショルダーバックであるために、斜め
がけした際に嵩張るんですよね。


R-D1s CANON 50mm F1.2 L mount
ISO: 200
露出: 1/832 秒
絞り: 1.2


もっとストラップを短く出来れば、背中あたりに
バック本体が来て具合も良さそうなのですが、
調整範囲が狭くて腰辺りにぶら下げるようになり、
これが、歩いている時にポンポン跳ねるような感じ
になり、そんでもって混雑しているところでは四角い
バックの厚みがジャマになるのですよ。

んで、今度はロープロのパスポートスリングの登場と
なりました。
これ、名前通りスリングバックなので、背中に背負えて
体との一体感は抜群なのです。
バックの中には取り外しできるカメラ用インナーも入っ
ています。

この中にはレンズ付RFと交換レンズが2本、ファインダー
程度は楽に入ります。角型フード付きはちょっと工夫が
必要ですが、まぁ、問題ないです。

あとは、SDカード等が入るポケットと、フィルターや電池
が入るポケットも付いています。
外にはボトルも入るポケットと、フタがないのが難点ですが、
ハンカチ程度は入るポケットが2つ付いています。

もちろん、インナーの横の空いたスペースにはサイフやら
なんやら自由に入れられるので便利です。
さらに!マチを広げられるジッパーもあって、それを使えば、
ボクのタムラック ZIP SHOT三脚も入っちゃいます。

中型の一眼レフでは不自由する可能性はありますが、
小さい一眼やペンデジタルなんかならイケテるバックに
なることは間違いないでしょうね。
ボクはしばらくはコレで街へスナップしに行きたいと思っています。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-12-20 20:22 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 12月 16日
銀座と丸の内にて

R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 400
露出: 1/56 秒
絞り: 8.0



R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 400
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0



R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 400
露出: 1/26 秒
絞り: 8.0



R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 400
露出: 1/15 秒
絞り: 8.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-12-16 20:01 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 12月 09日
タバコの吸える丸の内にて
丸の内にあるバールへ行っていました。
ここは時間帯によってタバコが吸える(笑)
中々ないのですよ、こういうところ。


R-D1s CANON 50mm F1.2 L mount
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 1.2



R-D1s CANON 50mm F1.2 L mount
ISO: 200
露出: 1/362 秒
絞り: 1.2



R-D1s CANON 50mm F1.2 L mount
ISO: 200
露出: 1/549 秒
絞り:1.2
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-12-09 19:54 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 11月 30日
ショーウィンドーの紅葉
さすがに丸の内の紅葉だと赤みが足りないなぁ、、、
と思っていたら、ショーウィンドーが補ってくれました。
まさかショップの方が予測したとは思えませんが、
街路樹とディスプレイがおりなす丸の内の秋ですね。


R-D1s CANON 50mm F1.2 L mount
ISO: 200
露出: 1/478 秒
絞り: 2.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-11-30 20:15 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 11月 28日
記憶に残る写真
ボクには今まで見てきた中で、記憶に残る忘れら
れない写真ってのが何枚かある。
その中で1950年代に撮られたNY 5thアベニュー
の写真ってのがあって、それはコダクロームで撮
られた写真だった。


R-D1s CANON 50mm F1.2 L mount
ISO: 200
露出: 1/181 秒
絞り: 2.8

1950年代のNYと言えば”古き良きアメリカ”その
ものであり、まさにアメリカンドリーム真っ只中である。
日本はといえば、ボクが生まれる前の話ではある
が、ようやく戦後が終わりかけ新しい一歩を踏み
出そうしている瞬間でもあっただろう。

そんな中その写真は日本人がNYで撮ったものと
されていた。
カメラは日本製RF、そしてフィルムはコダクロ
ームとだけ書いてある。

その写真の持つ濃厚なというか、濃密なというか、
淡いようで濃いというか、そんなコダクロームの
発色が記憶から離れないのだ。

先日ここに掲載した「NEW YORK, NEW YORK」
もそんな潜在的なボクの記憶から生まれた。だか
ら、お気に入り写真のひとつになったんだと思う。

1950年代のRFと21世紀のデジタルRFではあまり
にも違いがありすぎるが、共に日本製RFである
ことは面白いとも思った。
そしてボクが使ったレンズはCANON 50mm
F1.2 L mount。

5thアベニューの写真にはレンズ名までは書かれ
ておらず、そこに記されていた注釈からすると、
同じ1950年代とは言え、このレンズはまだ販売
前だったと思われるので、撮ったのはまったく違
うレンズであることは確かなのだが。。。

キヤノンの50mmを使いながら、何だかその時
代の空気感というか、そんなものが写るのではな
いかと、同じような濃密な絵が撮れるのではない
かと、密かに期待してたりするのだ。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-11-28 00:07 | 銀座・有楽町スナップ
2010年 11月 26日
街路樹と石畳の道路と
このキヤノンの50mm F1.2ですが、ちまたのウ
ワサほどコントラストが低くも彩度が低くも感じ
ませんでした。
以前にも記しましたが、この日は曇っていてカメ
ラ側は標準設定、ボクのいつもの設定よりコント
ラスト、色とも濃いのは確かなのですが、、、
もう少し確かめてみることが必要かも。

でも、この手に入れたレンズは、クモリもキズも
気にならず、当たりだったと思っています。
だって、前に銀座で見たヤツは、試させてもらっ
たら写真にならなくて、ひどかったですから。


ISO: 200
露出: 1/416 秒
絞り: 2.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-11-26 21:10 | 銀座・有楽町スナップ