カテゴリ:目黒・学芸大学スナップ( 11 )

人気ブログランキングへ
2011年 04月 01日
ボクの写真展の見方について

R-D1s NOKTON Classic 40mm F1.4
ISO: 200
露出: 1/478 秒
絞り: 4.0

じっくり見たくなる写真はイイ写真だと思います。
イイ写真って言っても、その定義はあくまでも、
自分にとってであり、人がどう思っているかは分
からないけど。

友達と一緒に写真展とか行くと、それが顕著に分
かったりして面白い時があります。
とある写真展では、ボクなんかはパ~~っと見切
っちゃって、さぁ、次行こう!ってな時に、ある
人はジーッとひとつの写真に見入ったりしててね。
逆にボクがハマっちゃって、写真家の方との話も
はずみ、ず~~っと友達を待たしたりして(笑)

んなわけで、ボクはじっくり見たくなる写真があ
ったら、時間が許す限りじっくり見て、何に共感
したのか、どこが気になるのかとか色々考えて、
そして最後に、こんな写真が今のボクに撮れるの
か自問自答することにしています。
そこで一定の結論を出すわけです。

でも、まぁ、そんな自分の感性にピッタリ合った
写真展って、中々ないんですけどね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-04-01 21:03 | 目黒・学芸大学スナップ
2011年 02月 28日
モノクロシルエット
コレ撮ったとき、もうちょっと長いので撮れば良
かったかと思いましたが、出来上がりを見ると、
これはこれで満足かなと。
シルエット的にも面白いのが撮れたし(笑)


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 400
露出: 1/119 秒
絞り: 8.0



今日の E Twitpaper
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-02-28 21:13 | 目黒・学芸大学スナップ
2011年 02月 22日
イスと影のコラボ

R-D1s NOKTON Classic 40mm F1.4
ISO: 200
露出: 1/446 秒
絞り: 4.0


今日の E Twitpaper
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-02-22 23:24 | 目黒・学芸大学スナップ
2011年 02月 18日
イス影
天気が良くて影日和でしたw
本来は広角でノビノビ撮るべきかも知れませんが、
ギュッと詰まったこんな感じもスキです。


R-D1s NOKTON Classic 40mm F1.4
ISO: 200
露出: 1/362 秒
絞り: 8.0


今日の E Twitpaper
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-02-18 20:53 | 目黒・学芸大学スナップ
2011年 02月 14日
たたずむ様
これくらいの光の具合が好きです。
濃くもなく薄くもなく。
ただ、イスがたたずんでる様が好き。
このイス達はいっぱい撮っちゃったのでまた今度。


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 200
露出: 1/416 秒
絞り: 8.0


今日の E Twitpaper
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-02-14 20:32 | 目黒・学芸大学スナップ
2010年 12月 23日
戦前のレンズ
やっぱ戦前レンズはいいなぁ。
明るい部分にはキチンと滲みが出てくるし。
全体的にフレアがかっていてそれもイイ感じです。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/181 秒
絞り: 9.0



R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 11.5
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-12-23 19:21 | 目黒・学芸大学スナップ
2009年 11月 21日
現状の結論編 ~買うならコレだ!
前回で、各カメラのイケテないところを書いたように、
ボクにとってオールクリアになったカメラって今のところナイ
のが現実です。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 2.2


んじゃ、何が選択肢になるかというと、欲する機能への
比重、重み付けです。

詳細は以前のエントリーを見ていただくとして、それぞれの
イケテない点としては、

E-P2
操作性/インターフェース
趣味性
レンズラインナップ

GF1
デザイン
ブランド力
レンズラインナップ

GXR
ユニットの今後の展開
価格
50mmレンズ(ユニット)の明るさ不足



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 3.2


今後のレンズ(GXRのユニット含)展開については、ラインナップ
がマイナスされることはないので、時間が解決してくれる問題と
捉えています。
時間が解決って言いましたが、やはり時短して欲しいとは思っています。
それには各社の戦略や考え方によることろが多くあるように感じていて、
その意味ではオリ<パナ<リコーで期待できるのかなぁと。

やっぱ、リコーはユーザの声を聞いてくれる器量があります。
残念ですが、今のところオリンパスにはそれが見えません。
見えないだけであるのかも知れませんが。
リコーとの付き合いの方が長いもんで(笑)

でも現状のラインナップだと、パナのレンズですが20mmF1.7が
すでに存在しているのが強みです。
ボクも持ってるわけですし、今のところはモノが存在するって点で
マイクロフォーサーズが有利かなと思います。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 2.2


ボクにとって究極はペンタックスのリミテッドレンズを小さいカメラで
ネイティブなマウントで使いたいってことですから、マウントアダプター
ですが、ペンタックスレンズが使用可能なマイクロフォーサーズが優勢ですね。

操作性/インターフェースについては大事にしたいのですが、E-P1にしても
モロに使えないレベルではないってのがあります。
要するに、ガマンできる範囲ではあるのです。

もちろん、リコーのような操作性やインターフェースを求めますが、今のところ、
これだけが決め手になるわけではないようです、ボクにとっては。
もうひとつ言っとくと、その操作性を見てみても想像がつきますが、
GRDやGXと同じベクトルで考えられたのがGXRです。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 4.0


だから、質感とは違う意味でGXRってコンデジなんですよね。
もっというと、誰にも真似のできないリコーのコンデジなのです。
持った感じとか、見た感じの質感としてはE-P1にもヒケを
とりません。
ただ、もしも買って手元にあるGXR見てて思い出すのはGRDで
ありGX200なんですよね。きっとね。

いい意味でも悪い意味でもって前に言ったのはこのことでして、
リコーのカメラってゆーかGXRも道具の美学なんですよね。
そこからは抜け出せないし、リコーも抜ける気はサラサラないだろうし、
リコーユーザもそんなこと望んではいない。
デレデレと媚を売ったデザインのカメラなんて、、、ってスタイル
を貫くべきなんでしょう。

E-P1やE-P2はある意味それとは逆なんですよね。
ノスタルジックスタイルって観点で媚を売りまくる(笑)
でも、それも意外にイケテルんちゃうんみたいな。。。
PENがあったからこそのカラーでしょうね。コレは。

それと価格ですが、やはりGXRは高すぎです。
今後欲しいユニットが出てきて、買うにしてもやはり
7万程度は必要かと思うとちょっとなぁ、、、と。
思うわけですね。

まぁ、明日は塙さんのワークショップに行ってもうちょっと
考えますです。
ではまた、報告入れます。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-11-21 20:30 | 目黒・学芸大学スナップ
2009年 11月 18日
ボクの欲しいカメラについて今度は学芸大で続きを考えた
では、本日は昨日の続きで、下記のように列挙したボクの欲しいカメラの
基本性能についてそれぞれ考えます。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 400
露出: 1/40 秒
絞り: 1.7


・欲しいカメラの基本
1)一眼レフより小さく軽い
2)レンズ交換式
3)ペンタックスのレンズが使用可能
4)ピント合わせが可能なファインダーが付いている事
5)操作ダイヤルが2つあること
(一眼レフのような露出補正用のダイヤル付き)
6)基本の操作性が良い事(比較基準は中級一眼レフ/GRD/GX100)
  基本操作:露出補正/ISO感度/WB/
・欲しいカメラの機能/スペック
7)高ISO感度で撮影可能な事
8)ラインナップに明るいレンズがあること(F2.0を切る)
9)単焦点レンズが豊富にあること
  (換算28mm/35mm/50mm/70mm/100mm/135mm)
10)MF時の操作性が良いこと
  (ピンと構図の確認~撮影への流れがスムーズに行えること)



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 3.2


ここからボクが希望する基本性能に対してカメラが
対応しているのか?について考察です。

1)一眼レフより小さく軽い
全てのカメラがクリアしています。
2)レンズ交換式
ソニーは分かりませんが、X1はNGですね。
リコーはユニットですが、クリアしてます。
3)ペンタックスのレンズが使用可能
マイクロフォーサーズ陣営のみがクリアです。
4)ピント合わせが可能なファインダーが付いている事
ここでもソニーは分かりませんが、X1はNGですね。
5)操作ダイヤルが2つあること
認識している中ではE-P1/E-P2だけでしょう。
でも、他は同様の操作をできるだけ簡単に可能なように
工夫があるように思います。
6)基本の操作性が良い事
使いこまないと分からない部分もありますが、どれも100点
ではないように思います。あえて言うならGXRが一歩リード
でしょうか。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/60 秒
絞り: 2.0


7)高ISO感度で撮影可能な事
高ISO感度を1600とした場合、E-P1/2はイケそうですね。
GXRは、、、まだ分かりません。
GF1は現状だとISO800までのカメラって気がします。
X1はすいません、分かりません。
8)ラインナップに明るいレンズがあること(F2.0を切る)
クリアしているのはソニーを抜いたらマイクロフォーサーズ
陣営ってゆーか、パナだけです。
9)単焦点レンズが豊富にあること
これは全部NGです。
マイクロフォーサーズもGXRもどうしてズームばっか作るのか?
ボクにはまったく分かりません。
ズームは一眼レフに任せれば良いと思います。
何も、このコンパクトなカメラにズームは。。。
10)MF時の操作性が良いこと
レンジファインダのようなGXRか操作性の良いGF1でしょうね。
E-P2もE-P1と同じで拡大モードからはOKボタンの押下が必要でした。


ってことで、今回は各種の機能や操作側から考えてみましたが、
今度は各カメラからコレらを踏まえて見てみたいと思っています。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-11-18 21:33 | 目黒・学芸大学スナップ
2009年 11月 06日
自画像
学芸大のmonogramに行ってきました。
E-P1関連は売れすぎちゃってほとんど何もなかった
のですが楽しいですね、こういうお店。
自由が丘のポパイにもよく行きますが、こっちの
方が好きかな。。。なんとなく。


PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 5.6


ところで皆さん、自分が写っている写真ってありますか?
ボクの家にはほとんどありません。
なので今日は堂々の自画像です。
まぁ、影ですけど(笑)

だって、カメラ撮影するのってボクだけですからね。
誰も撮ってくれません。。。
だから家族写真はあっても、そこにはボクは居ません(笑)
でも、旅行ビデオには時々映っていたりするんですよね。
何かの拍子にですけど(涙)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-11-06 20:30 | 目黒・学芸大学スナップ
2009年 09月 01日
目黒通り写歩
 
PEN E-P1 MZD 17mm

 
PEN E-P1 MZD 17mm

 
PEN E-P1 MZD 17mm

 
PEN E-P1 MZD 17mm
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-01 20:35 | 目黒・学芸大学スナップ