カテゴリ:田園調布・多摩川スナップ( 18 )

人気ブログランキングへ
2010年 03月 09日
カフェの照明とポメラの液晶と
何もすることがない時に来る、いつもの場所のい
つものカフェ。
いつものコーヒーを頼んでいつも通りに退屈そう
に本を読む。

いつもと違うのはポメラがあるということだけ。
これでヒマがつぶせる。
文書を書いたりPCからポメラに持ち込んだミステ
リー小説を読んでみたりで。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 800
露出: 1/100 秒
絞り: 1.8

ここのカフェは普通のカフェに比べて照明を落と
し気味でちょっと暗い。
おそらくデザイナーズカフェっぽい演出のためで
はあるのだろうけど、バックライトと言う自らの
発光体を持たないポメラには随分と辛い環境であ
ることは確かだ。

でも、しかし、まったくポメラで文字が読めない
かというと、そんなことはない。
表示文字サイズを普段よりひとつ大きくして上げ
るだけで十分に文字も読めるし文書も打てる。


PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/4 秒
絞り: 1.8

多分、バックライトを持たない旧態依然とした液
晶でも現代の技術を持ってすれば、十分に読み書
きに耐えうるということなのであろう。

そんなわけでボクは今、暗いデザイナーズカフェ
の黒いソファに座りながらポメラで執筆、否、キ
ーボードと戯れているということになる。
忙しそうに歩き回る店員を後目に、ボクの周りに
はゆっくりとした時間がただ流れている。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-03-09 20:55 | 田園調布・多摩川スナップ
2010年 01月 25日
二子玉で考えるCマウントレンズの魅力

PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/40 秒
絞り: 1.4
「お買い物帰り」
最近普通のレンズを使わなくなってしまってます。
そんなCマントレンズの魅力ですが、ボクとしてはこんな感じです。

まず、レンズの容姿がステキです。
プラレンズなんてなく、全て金属製で小粒でもズッシリとした
重さも感じられ、安心感すら与えてくれます。
とにかく持って見てるだけでニヤケてきますから(笑)



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/80 秒
絞り: 1.4
「雑貨屋さんの自転車」
次には、35mm換算50mmとなる、焦点距離が25mmのレンズが
多いことがあります。
純正のレンズだと、、、ありませんね。
近いのではパナの20mmはありますけど、ボクは前から言ってるように
50mmが好きなんですよね。

しかも、明るいハイスピードレンズがほんとに多いこと、多いこと。
F1.4なんて当たり前で、F0.95なんていうとんでもない、
ライカのノクティルックスなら100万!はするようなレンズが、
高くなったと言われる中、まだ、買えるかな、と思う範囲に
存在します。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/50 秒
絞り: 1.4
「道端タンス」
Cマウントレンズ、ただ、明るいだけじゃありません。
特にアンジェニューなんかはそう感じてますが、絞りに
よる変化が非常に感じられて楽しいのです。

絞ればフレアが消えて、甘い描写もその中にシャキッとした
芯のようなものが現れて、コントラストも上がってくるような、
そんな変化が微妙ではなくハッキリと感じられます。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/20 秒
絞り: 1.4
「ろうそくランタン」
そして、もちろんいつも言ってる描写の面白さもあります。
現代レンズでは絶対に有り得へん写りをします。
それがフレアだったり、周辺落ちだったり、像の流れであったり、
それもとんでもない位に出ます(笑)

それを作画に活かそうなんて、特に真面目に考えずに撮る。
すると、想像もしてなかった、予想もしてなかった写真が
撮れたりするのが面白いのですよ。
まぁ、こう撮ったらどうなるか。。。なんて考えて撮るのも
楽しいですしね。



PEN E-P2 Angenieux 25mm F0.95
ISO: 200
露出: 1/20 秒
絞り: 1.4
「急須」
あとはCマウントには限りませんが、マニュアルフォーカスの
楽しさもありますね。
操作性については特にボクのケルンスイターはイケテます。
右手でカメラを持って、左手は下からカメラを支えるようにし、
ファインダーを覗きながら人差し指でヘリコイドを操作する。

これがなんとも快適なんですね。
スナップにも持って来いな感じで、ひょっとしたら被写体によっては
中ヌケしない分、AFよりも快適かも知れません。
もちろん小さいので持ち歩きにも便利で、そういう面でもスナップカメラ
として、E-P2とシネレンズはスナップに最強の組み合わせかもって気がしてます。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-25 21:45 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 10月 08日
ボクの画像評価基準について多摩川で考える
ボクはあまり画質の評価自体をしたことがありません。
PCで100%に拡大して、、いや、もっと大きく拡大して写真の隅々まで
確認し。。。なんてことはしません。


PEN E-P1 MZD 17mm
ISO 200 1/250 秒 F7.1
これはフルオープンするテラス窓の光をとらえたくて、
イスを手前に入れて撮ってみました。


唯一気にするのはノイズとその処理から来る画像のノッペリ感ですかね。
でもその評価もかなり寛大ですよ(笑)

んじゃ、画像についてイケテル!って判断は何か?
それはズバリ、全体像です。
雰囲気です。
パッと見です。

要するにその時の気分で見る感性に委ねているわけで、
当然、絶対軸なんてブレブレで、だから、評価になっておらず、
結果的に画質の評価はしないってことになります。


PEN E-P1 MZD 17mm
ISO 200 1/160 秒 F5.6
もっと露出を切り詰めた方が良かったかなぁ。。。って。


だから以前に20m F1.7はMZD 17mmよりイケテル!って書いてますが、
これも実はいい加減なもんで、その時はそう思いました。ってくらいで、
特に評価したわけじゃないですから当てにはならない(笑)

でもパッと見で何となくイケテナイって感じたらおそらくダメなんかなぁって、
ボク自身では思っています。
人が何と言おうと買ったのはボクだし、使うのもボクなわけで、人がイイ!って
言うより自分がイイ!て思ってた方が幸せですから。


PEN E-P1 MZD 17mm
ISO 200 1/50 秒 F3.2
ボクはドア好きです(笑)
イケテそうなドアを見ると撮っています。


もちろん、他人の後押しがあった方が「そうか、あんたもそう思うか!」なんて、
楽しくはあります。
こんなもんです。
ボクの画質評価って。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-08 21:50 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 30日
E-P1について多摩川で考える
E-P1の魅力ってなんでしょうか。

デジタル一眼レフ小型と比べて軽くて小型で、レンズ一体式コンデジに比べれば、
撮像素子が大きくてボケも作れて。。。と言う認識でしょうか。

それもそうですがボクが一番魅力に感じるのはその雰囲気です。
これは表現が難しいですが、デザインであり、雰囲気であり、コンセプトである
わけです。

大雑把に考えれば上記は全て同じ事を言っています。
デザインを作るのがコンセプトであり、そのデザインがあるからイケテル雰囲気が
出てくるわけで。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

もちろん、完璧ではありません。
電源のイルミネーションはいらねぇ、フォーサーズのマーク取ってしまいたい、
カメラにSince 1959はないだろう!
なんて、他にも色々言いたい事はあります。

所詮はマーケティング主体の工業製品ですからボク、君、あなた、、、
にとって完璧なものが作りにくくなっている実情があるのでしょう。
大人の事情もあるでしょう。

でもその中ではわりと、パーソナルに振った(もしくはそう思える)ようなところが
E-P1にはあります。
マーケティングなんかせずに担当者が作りたい物を作った的な。

そこが魅力なんでしょうね。
リコーのGRシリーズなんかにもイケテル雰囲気や、パーソナルな感覚を覚えますが、
アッチは機能から来る美しさが魅力ですね。
GRDを見ると、コレを撫でていたいとか、眺めていたいと言うより、
コレで撮りたい!って気がしてくるものです。

誰かがWebに書いていましたが、E-P1にはE-P1を撮る楽しみがある。と。
要するに被写体としてもE-P1はイケテルってわけで、一番悲しいのはE-P1で
E-P1を撮れないことであると(笑)

 
PEN E-P1 MZD 17mm

たとえ数倍の値段のするフルサイズデジイチでもそれを被写体にしようとは思いません。
レビュー以外には。

でもE-P1だとE-P1そのものを撮りたくなるのも事実。
ちょっとカフェに行った時や芝生の上でランチする時、ホテルのロビーなんかで
E-P1を撮ってみたい(変??)

用もないのに触ったり、シャッター切ったり、挙句のはてには飾ってみたりもして。
だから、張り革だとか、ストラップだとか、レンズフードだとかのデコレーションが
気になったりするんですね。
ボクもやってますが(照)

以前にPEN E-P1の○と×でダメだししまくったE-P1ですが、実のところE-P1の魅力は
こんなところにあったんですね。
それも、他のデジタルでは中々出会えない魅力が。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

これはLUMIX GF1じゃ味わえない魅力です。
特にボクにとってLUMIX GF1の魅力はLVファインダーですから。

だから、次期E-P2にはLVファインダーを是非に。
それもできれば、内蔵のファインダーを。トンガリ三角なしにね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-30 21:11 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 27日
多摩川で考える露出補正
カメラが難しい演算してたたき出した適正露出値というのは、測光した部分の明るさを中間グレー
(18%グレー)にすると言われ、概ねこの数値からプラマイ3EVが白飛び/黒つぶれの限界と
言われています。(完全にツブレるのは4EVだったかな)

なので、プラマイ3EV分は撮影者が任意に補正できる許容範囲内ということもできます。
この間なら自分の考える絵になるように補正可能ってことです。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはバックの絵の色を出したかったので-3補正しています。


もちろん補正は撮影者の自由です。
マイナス5EVにして完全に黒つぶれをしても、自分がイケテルと思えばそれでOKなわけです。
ただ、目安としてプラマイ3EV内であれば後はさじ加減って考えにもなります。

そう考えると大分気が楽に露出補正を行うこともできるようになってきます。
カメラが難しい演算処理を行った結果がベースにあり、そこからプラマイ3EV内なら
写真がまったく見えなくなるってことがなくなる。と言うお墨付きがあるからです。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
この時は最初±0で撮って、光の加減がイケテなかったので-3補正して撮りなおししたものです。


面倒なことが大嫌いなボクはそんなオキラクな考えで撮っています。
失敗も自分の表現です!なんて、言い放って(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-27 19:44 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 25日
失敗しちゃったカフェ写真
E-P1に付いている階調補正機能(SAT)ですが、これを使用すると
黒つぶれを押さえ、見かけの階調を広げてくれるという、言葉に書けば
スグレモノの機能です。

こんな夢のような機能なんですが、やってることは暗部を明るく持ち上げる
ってことなわけで、明るくするってことは感度が上がるというわけで、
感度が上がると出来上がった写真に高感度ノイズが増えることになっちゃいます。

まぁ、分かってて使用する分にはイイのです。自分で納得するわけですから。
でも、知らずに使ったら、それも元々暗い場所でシャッタースピード稼ぎたくって
感度上げてたら。。。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはISO640です。
ノイズ低減はすべて標準です。


結果、こんなことになっちゃいます。
帰って見たら何だかノイズがすげぇ~~!!って気付きました。
階調がオートに設定してあります。
自分じゃ設定してないのに。

そう言えば、この数時間前一枚だけ階調オート使いました。
確かに、使いましたよ。
使った後、そのままにしてたんですねぇ。

やっちゃった、、、って感じです。
撮るとき気付けよ!って話なんですが、液晶には常時表示されないんですね、これが。
もちろん設定する箇所では表示してるんですけど、設定変更しない時なんかは
そのまま撮っちゃいますね、これは。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはISO800まで上がってますね。
ちなみにWBは5300Kに設定して赤味を強調してます。


だって、通常確認するのはWB、測光モード、ISO感度、露出補正くらいですから。
そんな、他の設定を隅々まで確認しないですぅ。

まぁ、自分のミスですね。
以前は階調オートをどっかのボタンに割り振れたらと思ってましたが、
液晶画面にも表示してくれれば、こんな間違いもなくなると思います。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
ろうそくの明かりに助けられ、ISO200で撮れています。
階調オート(SAT)のおかげで暗部もつぶれずに見えますね。


WBや露出がなんか変だったらカメラの液晶で気付きますが、階調オート設定か
階調ノーマルかなんて、カメラの液晶だけだと分かりません。
オリンパスは、もーちっと考えて欲しいと思います。
っと、当り散らしてウップンを晴らしてみました。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-25 21:25 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 23日
ボクの住む街
何だか小学生の絵日記のようなタイトルになってしまいましたが、
そもそもボクが写真を始めたきっかけというのは絵が描けないという
ことがあります。
要するに絵がとってもヘタなんですよ(笑)

それに工作もヘタ。
プラモデルは大好きでしたが自分で組み立てたことがない(恥)
いつも作ってもらってました。
飾るだけの子供人生。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

ボクの家には今も幼稚園の頃に描いたビルと自動車の絵が額縁に入って
残っています。
真四角なビルにたくさんの窓、四角を組み合わせた車体に長方形の窓、
タイヤだけは丸。それも黒いデカイ丸。

今もボクの描く絵は変わっていません。
ってゆーか、色んなディテールを知った今では幼稚園の頃より
たちが悪いくらいです。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

まぁ、ボクの絵はこの辺にして、何故写真を始めたかですが、
そんなボクでも人並みに芸術的なものをやってみたかったのですよ。
何か形に残したいし、客観的に見てみたいってのがありました。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

でも、絵もモノ作りもNG。
そんな時、写真があったわけですね。

写真ならヘタでもある程度の結果は残せます。
構図がダメでも多少暗くても、明るすぎてもそれなりの結果は出ます。
絵だとこうはいきませんよね。

 
PEN E-P1 MZD 17mm

線も真っ直ぐに描けないようじゃ、あまりにみじめ過ぎて結果として
残らないんです。そんなの残したくないし(笑)

写真はイイです。
シャッター切るだけで誰でも結果が残せます。
後で修正できたりなんかも可能ときています。
創造する力のないボクにはピッタリな趣味ってわけですね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-23 19:48 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 21日
シンプルカフェ
ボクの家の近くにはD&DEPARTMENT DININGがあります。
ここは伝票がなく、この人形が伝票変わりになってたりします。
帰りにはこれを持ってレジにいきます。
子供となら問題ないですが、大人一人だと気恥ずかしいですか(笑)
 
PEN E-P1 MZD 17mm

カフェの中も外もいたってシンプル。
テーブルがあり、ソファがあるそれだけ。
窓は大きいのですが、よく見ないと外からは
カフェと認識できないかもしれません。
 
PEN E-P1 MZD 17mm

でもシンプルだから落ち着けます。
夜中までやっているので夜カフェめしも問題なし。
環八に面しているのでちょっと前なら道路沿いに
駐車しても問題なし??だったのですが、このご時世
ではちょっと危険かも。
ボクは自転車でGO!なので問題ないです
 
PEN E-P1 MZD 17mm
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-21 19:58 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 09月 03日
田園の夏休み三景
 
PEN E-P1 MZD 17mm

 
PEN E-P1 MZD 17mm

 
PEN E-P1 MZD 17mm
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-03 20:52 | 田園調布・多摩川スナップ
2009年 08月 11日
裏カフェ
 
PEN E-P1 MZD 17mm
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-08-11 19:32 | 田園調布・多摩川スナップ