2011年 09月 09日
UWH20cmの差を探し求めて

R-D1s ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical
ISO: 400
露出: 1/274 秒
絞り: 5.6

このレンズは驚異のレンズだと思う。
なんたって圧倒的な広角だもん。
R-D1に付けてもアンダー20mm。
その世界ったら笑っちゃうくらいにタダもんじゃない。

これでもかって被写体に近付いても
まだまだだとこのレンズは言う。
15mmじゃこんくらいだったのにと思うが、
こいつは許しちゃくれない。

実はフォクトレンダー現行品じゃないこのレンズ。
そう、IIじゃないんだよね、Lマウントのなんだよ。
MマウントのタイプIIの最短撮影距離が0.5m。

このLマウントでは0.3m。
その差は20cm。
写真撮ってれば分かるけど、20cmはデカイ。

IIは距離計連動だけど、このLマウントのは
距離計連動はしないからすべて目測撮影となる。

15mmのも同じく距離計非連動だけど、一度も
困ったことないし、12mmはもっと広角だから、
被写界深度ももっと深くなるし、もっと困らることは
ないだろうね。

困るとしたら最短近接撮影だろうけど、ここだけの話、
IIの距離計連動は0.7まで。
70cmも離れてりゃ距離計いらねぇ(笑)
なんたって、絞り開放でも0.5m~1mまで
パンフォーカスで撮れちゃうんだから。
距離計連動よりも最短距離20cmの差を取った。

ってことで、ずっと欲しかった12mmのレンズ、
IIならそこら中にあるのに、20cmの差を追い求めて
今日まで来た。でも良かった。

さぁ、20cmの差が見つかった記念だ。
楽しもう!
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-09-09 21:25 | 代官山・恵比寿・中目黒スナップ


<< カフェの人々      水路閣の花嫁 >>