2011年 08月 05日
BookBook iPhone 4 結局のところイイのか悪いのか?

R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 400
露出: 1/34 秒
絞り: 8.0


★まずは、BookBook iPhone 4の売り文句ともな
っている「iPhone+おサイフ+カードケース」足
りえるのか?
そんな気になる部分から。

■サイフの替りになるのか?
→なりません。近くのコンビニに行くときくらいは
なりそうですが、それでも小銭は入りませんので、
コレ買ったからと言って、おサイフとサヨナラでき
るわけではないようです。

ボクは今日、会社近くのコンビニに行く時にこのケ
ースだけで行ってみましたが、まぁ、軽やかに行き
帰り&支払いができました。お釣りはポケットに突
っ込みましたけどね。

■カードケース替りになるのか?
→普段持ち歩いているカードが3枚ならなります。
それ以上持っている人には別途カードケースが必要
でしょう。もっとも、厳選して持ち歩けるって方な
ら問題ありません。

ボクは免許、ビューカード、タスポの3枚だけを抜
き出してコレに入れました。厚さは気になりません。
ってゆーか、ちょっと厚みがあった方が、カッコイイ
です。お札もそうですが、何気に無造作っぽく、ちょ
っと入れすぎて無理にフタしてます。ってくらいが、
カッコイイですよ、絶対に。

e0160200_22503562.jpg




★次に前回も書いたりツイートしたりしていた、気
になる部分から。

■紙幣入れるのに、米ドルと違って、スペース幅が
足りずにはみ出しちゃって、折り目に合わずに困る。
→日本のお札はねぇ、不恰好なんですよね。
厚みもあるし。しっかりしてるって言えばそうなん
ですが、スマートじゃないですから。

ボクは二つ折りプラスアルファの1cm弱くらい折
って入れています。この1cm弱がはみ出しちゃう
わけですね。レビュー動画見る限り、米ドルだと数
ミリはみ出しって感じで、しかも薄いのでそんなに
ジャマにならなそう。

■ダメージレザー(ディストレスレザー)はモノに
よって違いがありそう。
→Twitter見てたりしたんですが、ひどくシミやダ
メージが大きいケースがありました。

他の方の画像とかも見てたんですが、どれも違いが
ありそうです。ハンドメイドだし、この世に同じも
のが存在しないっては嬉しいのですが、ちょっとテ
ンション下がります。
何となくですが、海外のケースの方がダメージが少
ないような。。。まぁ、何となくです(笑)

■カードの出し入れがやりにくい。
→特に、一番手前のカードスロット部分(スライド
窓付きの)のビニールがカードとくっついて取り出
しにくい。
ってか、そうなったら力技(笑)
くっついてるビニール部分を指でバリバリと剥がし
て指力でグイっと滑らせる感じです。
あの、PVビデオのようにはとてもじゃないけど、、、

ボクもならそうと何度も出し入れしたりしてますが、
今のところよく、くっついちゃってくれてます。
まぁ、絶対にカード落とさないですけど(笑)

e0160200_22522712.jpg




■左手一本のフリック入力がやりにくい。
→電話やフリック入力する際などで2つ折りに持つ
時、BookBook本体の背表紙の折り目が固くキツく
て持ちにくい。これも熟れれば柔らかくなるのかな?

ボクは普段から片手持ち(特に左手)で入力するク
セがあるので困ってます。無理にでは使い倒して、
もっとなじむのを待ちたいと思います。

■カメラで撮るときiPhoneが出しにくい。
→これもPVではスッって感じでせり上げています
が、とてもじゃないけど今のところスッとは行きま
せん。

ボクは、にゅいーって、ぐいーって、力入れてーっ
て感じです(笑)
これも時が解決してくれればありがたいですね。

■サイレントスイッチが操作しにくい。
→これ、ちゃんと型があってないんじゃないか?っ
て感じです。もうちょっと上に切ってれば調度良い
のにと思います。型紙の問題なので、こっちは時が
解決してくれそうにもありません。

<総評>
雰囲気はイイです。100点満点です。
スタイルが気に入ったなら絶対に買いです。
ただ、PVだけで惚れたって人や、妙に夢を見ちゃう
人にはオススメできません。
良くも悪くもMade in Chinaですから。

でも、人ってのは、夢見る動物ですから、なんたっ
て、ボクもあのPV見て欲しくなったので、そんな
間違いを犯しても誰も責めはしないでしょうし、ボ
クも後悔はしてません。



ああ、買ってよかった。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-08-05 23:02 | 銀座・有楽町スナップ


<< 朝そして雨上がりが艶っぽかった      BookBook for iP... >>