2011年 03月 28日
イケテる写真を撮るために考える事
構図や被写体だけでなく、そこに光と影があると
写真はイケテくるものです。
でも、やっぱただ光があって影があるところを撮
れば良いというわけではないようです。

ボクがいつも考えることは、撮るときに何に惹か
れたか、何を見せたいのか?ってことです。
その部分にポイントを置き、かつ、そのポイント
に光を当てた方がイケテるのか、暗めに潰して撮
る方がイケテるのか?それとも全体にコントラス
トを下げてみるのかとか。
そんなことを考えながら撮ると意外にイケテる写
真が撮れることもあるような気がしています。

でも、まぁ、これって難しい判断ですよね。
奇跡的に写真を見てくれる人と感性が合った場合
には共感してくれるでしょうが、同じ情景でも
得る印象が違ったりしたら、誰も見向きもしてく
れないのですから。

人は千差万別です。
だから、最後は自分が納得すれば良いのだと思っ
ています。究極的にはイケテる写真って、自分の
感性に合った写真だと思いますので。


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 8.0



R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
ISO: 200
露出: 1/239 秒
絞り: 8.0
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2011-03-28 20:48 | 銀座・有楽町スナップ


<< 石原都知事の「花見は自粛せよ」...      iPhoneガラスマ化の優、ち... >>