2010年 10月 12日
デジタルは古くならない
今日の写真は最近では珍しく硬調になりました。
見る人によってはまだまだって感じるかも知れま
せんが、ボクにとっては硬い雰囲気ですね。
デジタルだと一枚づつ雰囲気を変えられます。
こういうところもデジタルは便利ですね。
んで、今日はそんなデジタルのおはなし。


R-D1s SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical

デジタルはすぐに古くなると皆言います。
でも、それは最新の技術と比べて相対的なことで、
ほんとは、デジタルは新しくはなるけれど、古くはな
らないのはご承知のとおり。

ましてここ数年のカメラであれば、ひと通りの技
術は搭載されていて頭打ち状態。
顔認識がスマイルに対応しようが、画像編集がカ
メラ側で制御できようが、写真を撮るってことに
はそんなに影響はありません。

ボクの運動会用カメラ(笑)K10Dなんて、今は
昔のデジタル一眼ですが、先日使っても、今だに
十分な機能を有していますし、吐き出す絵はボク
好みのイケテるものです。

現在のメインカメラは言わずと知れたR-D1s。
これとて2004年の発売から進化をやめているカ
メラ、いや、むしろその古さを楽しむような、デ
ジタルカメラとしてはライカも含めてもまれに見る
デキの良さだと思っています。

最新のデジイチにできて、R-D1sにできないこと
は確かにあります。
でも、最新のレンジファインダーにできてR-D1s
にできないことなんてありません。
今のボクにはそれで十分なのです。

#PS レンズのことはまた今度にでも。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-10-12 21:12 | 横浜スナップ


<< RFとデジイチの違い      好きな絵 >>