2010年 09月 20日
R-D1sの正体18
R-D1sはいたってシンプルです。
かゆいところに手が届かないカメラです。


R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 200
露出: 1/416 秒
絞り: 5.6

当然、今後ユーザが、かゆくなるかも知れないと
ころにも手は届きません。
カメラで撮る上で必要最低限の機能しかないよう
に思います。


R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 200
露出: 5.6

しかしこれでも先代のR-D1よりは、かゆいとこ
ろに手が届くようになったのだと思うと、生まれ
た時からすでに化石のようなカメラだったんだな
と思います。


R-D1s COLOR SKOPAR 21mm F4
ISO: 200
露出: 1/274 秒
絞り: 8.0

でも撮る上での必要最低限の機能はあり、しかも
それらが直感的というか、視覚的に使いやすいよ
うに出来ているので、使い方に困るだとか、使い
にくいといったことはなく、写真を撮るっていう
行為については現代のデジカメよりも、とても使
いやすいカメラに仕上がっていると思います。
ボクは今、R-D1sに没頭しています(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-20 18:14 | 銀座・有楽町スナップ


<< 秋を感じる今日一日      R-D1sの正体17 >>