2010年 09月 15日
R-D1sの正体14
Mデジタルにはないものって。
R-D1sにあってMデジタルにないものは何ですか?
と問われればボクは即座に「巻き上げレバー」と
答えると思います。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/181 秒
絞り: 12.5

過去にも書きましたが撮影時の「間」を取ること
を考えると、「巻き上げレバー」は必須なように
思います。それをただギミックとして(飾りとし
て)付けただけではなく、ちゃんとシャッターチ
ャージとしての機能を持たせたR-D1sはエライと
も思います。

これのおかげで”秒間何コマ”とかっていう、ある
意味カメラにとっては大事なスペックは捨ててし
まうことになるわけですが、RF機で連写するこ
ともなかろうと清く思います。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/84 秒
絞り: 6.3

逆にMデジタルにあってR-D1sにないものは?と
考えると、大きくはRF機としての歴史であった
り、伝説であったり逸話であったりと言ったとこ
ろがすべてだと思います。
地位も名声もない。でもこればっかりはどうしよ
うもありません。

R-D1sが歴史を重ねるしかないのですが、カメラ
とは別の話として、それを時代が許すか、企業と
して成り立つのか等、時代背景が大きく関わって
きてしまい、個人、或いは社内のR-D1部隊とい
った小さな集合体だけの力ではどうしようもない
ことだと思います。


R-D1s Leitz Elmar 3.5cmF3.5
ISO: 200
露出: 1/23 秒
絞り: 6.3

カメラの機能的なものを考えるとすると、ボクは
残念ながらMデジタルを使用したことがなく、比
較のしようがありません。

ただ、想像するにMデジタルはもっとファインダ
ーやブライトフレームの見えが素晴らしいのでは
ないかとか、そのフレームはR-D1sなんかよりも
っともっと正確なんじゃないかとか、病的に妄想
している状態です(笑)

ブライトフレーム関連ですとMデジタルだと焦点
距離に応じて自動で対応したフレームが出てきま
すが、R-D1sは手動で切替える必要があります。
これもできれば自動が望ましいのですが、3つし
かないフレーム枠ですからねぇ、カチカチと手で
やりますよボクは(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-15 20:32 | 銀座・有楽町スナップ


<< R-D1sの正体15      R-D1sの正体13 >>