2010年 09月 05日
R-D1sの正体6
今回は背面液晶たたんだままで撮っていました。
フィルムの時と同じですね。
これも背面液晶反転というR-D1sだからの芸当です。
R-D1xになってこれができなくなっちゃって、悲
しいですね。ボクなら買い換えません(笑)


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

んで、撮って思ったんですが、このR-D1sの測光
方式って中央部重点平均測光ってやつなんですけ
ど、測光分布を見てると中央部重点って印象より
平均測光の度合いの方が高いようですね。
だから補正なしでもほとんど外す心配がないです。
当然、カメラの言いなりではなく、そこは自分の感性
を入れて補正は必要ですけど。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

なのでこの中央部重点平均測光はまさしく”文字通り”
なんですけ、もうちょっと、中央部重点部分測光的に、
中央に重きを置いて欲しかったかなと。
平均測光度が高いとスナップして歩いてる時は良
いのですが、ちょっとポートレートって時に周り
露出も拾っちゃってどうも勘が狂っちゃう気がし
てます。
また、白いものや黒いものが大部分を占めているような
場合もです。
こんな時でも周りも露出測定範囲であり、そこもある程度
重要視して平均されて露出が決定されるので、思うように
補正ができないような感じがしてます。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

まぁ、ほんとスナップ時には何も考えずにカメラ
の露出計に合わせておけば、まず失敗はない感じ
ですので良いのですが。

今回も帰ってくるまで背面液晶見てなかったんで
すけど、ほぼ狙い通りに撮れていたので、という
ことは、もし、もし、このR-D1sにポジ入れても
失敗なく撮れそうです(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-05 19:44 | 銀座・有楽町スナップ


<< Cow      R-D1sの正体5 >>