2010年 09月 04日
R-D1sの正体5
R-D1で必ず出てくるってゆーか、考えさ
せられることって値段の高さがあります。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 1600
露出: 1/2000 秒
絞り: 8.0

R-D1sの中古でも14~15万、レンズを古いLマウ
ントにしても3万~4万、そのアダプタが5千円、
SDカード買ってストラップ買ってってやってる
と、何だかんだで中古でも、撮り始めるまでに
20万弱は必要になります。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 4.0

これはデジカメとしては相当に高いです。
デジイチなら中堅どころの新品が買えますしね、
中古を考えればフラッグシップも手に届くでしょ
うし。もちろんE-P2もレンズセットで買えちゃ
います。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/2000 秒
絞り: 5.6

E-P2は最新鋭のデジタル制御が入ってるわけで
すから損得勘定だけで考えれば、賢い大人が手を
出すべきカメラじゃないことだけは確かだと思います。

でもM9より確実に安い(笑)
M8ならもうちょっと頑張れば手が届きそうです
けど、色々制約があって面倒だし。
撮影する過程を楽しむことにかけては、この
R-D1sの方がM9より断然上だと思いますし。
アッチは実用品、こっちは趣向品。
アッチはメルセデスでコッチはケーターハムかな、、、
電子制御の(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-09-04 21:28 | その他


<< R-D1sの正体6      工場夜景 >>