2010年 08月 30日
R-D1sの正体1
今さら何で6年も前のカメラを選択したのか?
誰が聞いても首をかしげてしまうような選択理由
とは何なのか?
デジタルなこの時代、化石のようなR-D1sを求め
た理由を何度かに分けて述べ、R-D1sの正体に迫
りたいと思います。



正確にはR-D1sがリリースされたのは2006年で
すが、初代R-D1と比べても中身はほとんど変わ
っていませんので、デジカメとしては正に2004
年時のモノですね。
この辺はペンタックスだとistD~とかが発売され
ていた時期であり、ボクのK10DとかK100Dなん
てのはまだ発売されていなかった頃までさかのぼ
ってしまいます。
まさに、デジイチ黎明期でありようやく一般的に
デジイチが認められ、どのメーカーのを購入して
も問題ないまでに来た時期だったように思います。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/239 秒
絞り: 2.8

さて、まずはデザイン的な部分や気がついたこと、
感じたことなどからです。

・巻き上げレバー
以前に、一眼/コンデジを問わずデジカメを使用
する際に、フィルムカメラのような物理的な巻き
上げレバーがなく、スナップ写真を撮る上での
「間」がとれないって言ってました。
そのことが気になっていたボクは、E-P2なんかで
撮る場合、エアー巻き上げを行うことがあると書きました。

ところがこのR-D1sには巻き上げレバーが存在し、
エアー巻き上げを使用することなく、フィルムカ
メラでは常識だった”あの「間」”が復活したのです。
R-D1sの場合、正しくはシャッターチャージレバ
ーと言うことになり、若干少なめな巻き上げ角を
除けば、ほぼフィルム時代の手(親指)応えがよ
みがえってきます。
やっぱこれはとってもイイ感じで、ボク的には
R-D1sが持つ、一番の長所かも知れませんし、
少なくともこのカメラを選択する重大な要因の
ひとつとなっています。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/338 秒
絞り: 2.8

・デザイン(外観)
カメラには男性的なカメラと女性的(中性的)な
カメラがあると思っていて、例えばライカは女性
的(中性的)に感じ、コンタックスは男性的、
E-P2は女性的(中性的)、GF1は男性的に感じ
ています。特に雑貨感覚的なペンデジは女性的か
つカワイイを意識したようなデザインなので、
大人の男のカメラとしては精悍さを抑えたデザイン
だと思います。

もちろん、これはデザインや名前、歴史、CM、
雑誌などから来る、主観的かつ感覚的なこともあ
るので一概には言えないのでしょうが、車ならフ
ェラーリは女性的でポルシェは男性的みたいな。

んで、このR-D1sはというと男性的な感覚があり
ます。
これは元になっているコシナのRFにも同じこと
が言えると思います。
元々ベッサRFシリーズもキライではないことも
ありますが、このデザイン(外観)には好感が持てます。

外観の中でももっとも男性的な印象を受けるのが、
軍艦部のクロノメータ部ですね。
これでもうターゲットが完全に男限定になりそうです。
とても女性をもターゲットに入れているとは思えません。


R-D1s M-Rokkor 28mm F2.8
ISO: 200
露出: 1/416 秒
絞り: 2.8

だって、男性は時計が好きで、それも機械時計で
クロノグラフなんかのゴチャゴチャしたヤツが大
好きな生き物ですからね。
特に時計は男の仕事道具という大義名分が大昔か
らあるようで、男のこだわり感を出すには持って
来いのアイテムですし、好きな男性は多いと思います。

カメラとは一切関係ないことですが、電源オンで
グィ~~ンと動き出す、一番外側の撮影可能枚数
針がなんとも言えないギミック感を持っていて気
に入りました。
機能を称えるのも男ドモですが、直接関係はない
けれど、ちょっとギミック入ってることも重要で
す。男ってそんなもんです。

最近目が悪くなってきて薄暗いところで小さな文
字の判読ができない(笑)ボクとしては、ISO感
度もこのクロノメータ内に入れて欲しかったですけど。

まぁ、デザインに関しては人それぞれ意見があっ
て、ゴテゴテが好きな人も入れば、スッキリが好
きな人もいるので、断言はできませんが、裏返せ
る背面液晶、デジイチの軍艦部によくある、上部
液晶(個人的に液晶のドット文字はキライです。
なのでその文字を見なくて済む)がないことなど、
デジタルをできるだけ排除した(隠した)デザイ
ンは、ボク的にはイケてると思います。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-08-30 21:48 | その他


<< R-D1sの正体2      代官山のひと >>