2010年 04月 18日
エアー巻き上げ
デジタルカメラになって変わったことはいくつか
ありますが、撮影中のことを考えると、フィルム
巻き上げレバーがなくなったことが、ボクには一
番影響大かも知れません。


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 8.0

まず一枚取り、カメラを下げて被写体を再度見
る。この時巻き上げ操作を行う。
もしくはカメラは下げずにフィルムを巻き上げ
て、そのまま構図を調整して再度シャッターを押
す。というのが今までのリズムでした。

でも今は一枚撮ったらそのまま、当たり前です
が、連続してもう一枚撮ることになります。
これだと一枚目と二枚目を繋ぐ動作がありませ
ん。


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/20 秒
絞り: 8.0

ちょっとだけ思考を切り替えるときには一呼吸欲
しいのですが、巻き上げレバーがないと、呼吸を
する「間」がないんですよね。
だからこんな状況だと、ただただカシャカシャ撮
るばかりになっちゃいます。

んで、どうしてるかと言うと、ボクはエアー巻き
上げを挟むことにしています。
巻き上げレバーないんだけど、気持ち的にはある
つもりっていう(笑)


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/100 秒
絞り: 8.0

一枚撮ってみてカメラ下げて構図見て。まさにこ
の時に空巻き上げ動作をして次の一枚を撮るって
な感じです。
本物の巻き上げレバーはないので、これをエアー
巻き上げと命名してます(恥;)

本当の巻き上げレバーの手の感触は欲しいのです
が、まぁ、どっちかと言うと精神的なものが大き
いので、今のところこのエアー巻き上げでガマン
してます。


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 5.6

第三者から冷静に見られると、「あの人、何して
るんだろう」的な感じなんでしょうけどね。
でも、バッターが打席外したら一二度素振りをす
るようなもんで、もしその時バットがなかったら
持ってるフリしてでも振るんでしょうしね。

たぶん、イチローだって(笑)
だから、ボクはエアー巻き上げなのです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-04-18 18:31 | 横浜スナップ


<< モノクロに助けられたかも      桜の花ビラ >>