2010年 04月 04日
T&H Cooke Kinicの印象
Kinicをしばらく使ってみて、同じT&Hで、ボクの
お気に入りでもあるFilmoとの比較をしてみまし
た。
※今日の写真、上の3枚がKinicで残りの2枚が
 Filmoで撮ったものです。


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/3200 秒
絞り: 5.6

ただ、こういう古いレンズは個体差が非常に大き
いので、同じ銘柄のレンズでも違う印象があるか
もしれません。

それと、受ける印象ってのは、人によって違うの
は言わずもがなですよね。
この辺りを踏まえた上でお読みください。


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 5.6

・色が淡い(Filmoより淡い)
・パステル感はFilmoの方がある
・ウェット感もFilmoに軍配
・滲み具合もFilmoの方がある
・中間トーン寄り気味になり眠くメリハリがない
(Filmoよりマシ)
・逆光に強い(Filmoに比べ、ゴースト/フレアが
出にくい)


PEN E-P2 T&H Cooke Kinic 25mmF1.5
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 8.0

・解放では特に紗が掛かったようなソフトな印象
・絞るとその紗がなくなるが、その取れていく様
子がEVFを通してリアルタイムに見える(これ 新鮮な感じ)
・全体にフレアにはならないので、そのわずかな
紗の残りが気になるがこれはハレ切りで対処
・イメージサークルによるケラレはない
・周辺光量落ちはある
・絞り操作がスムース


PEN E-P2 T&H Cooke Filmo Specialno 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/2500 秒
絞り: 4.0

・ヘリコイド操作もスムース(ケルンスイターほ
どではない。ケルンスイターは指一本でOK)
・絞りリングとヘリコイドの間隔が開いているの
で操作がしやすい(Filmo対比)
・レンズの収差が大きく周辺が暴れ、グルグル巻
き上げ的な絵が出る(撮り方によるがFilmoより暴れる)


PEN E-P2 T&H Cooke Filmo Specialno 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/1600 秒
絞り: 4.0

んで、結局、パステル調で滲みとウェットな感じ
が欲しい時はFilmoで、絵的(見た目)に面白く
したい時はKinicかなと。でもどっちも被写体に
よるところが大きく、いちがいには言えないとこ
ろが難しいですね。

ただ、遠くの被写体を撮ろうとした時、比較的まと
もな絵が出てくるのはKinicの方で、Filmoはどう撮
っても色が他のレンズを違って来るような気がします。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-04-04 19:23 | 横浜スナップ


<< 我楽多の屋根の下で      小さな階段 >>