2010年 03月 09日
カフェの照明とポメラの液晶と
何もすることがない時に来る、いつもの場所のい
つものカフェ。
いつものコーヒーを頼んでいつも通りに退屈そう
に本を読む。

いつもと違うのはポメラがあるということだけ。
これでヒマがつぶせる。
文書を書いたりPCからポメラに持ち込んだミステ
リー小説を読んでみたりで。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 800
露出: 1/100 秒
絞り: 1.8

ここのカフェは普通のカフェに比べて照明を落と
し気味でちょっと暗い。
おそらくデザイナーズカフェっぽい演出のためで
はあるのだろうけど、バックライトと言う自らの
発光体を持たないポメラには随分と辛い環境であ
ることは確かだ。

でも、しかし、まったくポメラで文字が読めない
かというと、そんなことはない。
表示文字サイズを普段よりひとつ大きくして上げ
るだけで十分に文字も読めるし文書も打てる。


PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/4 秒
絞り: 1.8

多分、バックライトを持たない旧態依然とした液
晶でも現代の技術を持ってすれば、十分に読み書
きに耐えうるということなのであろう。

そんなわけでボクは今、暗いデザイナーズカフェ
の黒いソファに座りながらポメラで執筆、否、キ
ーボードと戯れているということになる。
忙しそうに歩き回る店員を後目に、ボクの周りに
はゆっくりとした時間がただ流れている。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-03-09 20:55 | 田園調布・多摩川スナップ


<< 古い石畳と小道      美しさの差 >>