2010年 03月 04日
ボクの今思う写真
E-P2の為にライカスクリューマウントレンズが欲
しい。ってお話はしました。


PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 1.4
「本」

ひょっとしたらライカのレンズで撮れば写真は上
手く撮れる!って単純な考えではなく、今のボク
が考える、現在撮りたい写真が素直に撮れるので
はないかという考え(妄想?)があるからです。

じゃ、今、撮りたい写真とは何か?
ひとことで言えば、それは階調豊かなモノクロの
写真です。
しかし、一般的にこの「階調豊か」って言葉自体
のとらえ方が、人それぞれに違っていて難しいと
感じています。


PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/320 秒
絞り: 2.8
「待ち人」

ボクはなにもコントラストが高い、硬調なはっき
りとした「真っ白から真っ黒」までまんべんなく
表現されている写真が好きというわけではなく、
どちらかというと、硬調とは反対に軟調気味な写
真の方が好きなのです。


PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/1600 秒
絞り: 2.0
「壁字」

もっと極端に言うと、黒の締まりがないかのよう
な写真でしょうか。いやぁ、言葉にするのは難し
いですけれどね
黒の締まりがないって言っても、その中でできる
だけ「真っ黒」になるギリギリな場所で階調豊
かな表現を行いたいと思っています。


PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 1.4
「窓に花を」

逆に白飛びは成り行きでかまいません。昔から白
飛びに対しては寛容なのです。
できればその白飛び部分には若干のフレアのお化
粧があれば完璧かなとも思っていますけどね。


PEN E-P2 Kern Switar 25mm f1.4
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 2.0
「EATALY」

まぁ、そのような写真表現が本来一般的なモノな
のかどうなのかは分かりませんが、今のボクの気
分には合ってる気がしています。
被写体にもよりますが、そんな写真が撮れそうな
気になるって思えるのが例えば、エルマーであ
ったりズマールであるわけです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-03-04 21:32 | 代官山・恵比寿・中目黒スナップ


<< ポメラの正体      ライカレンズへの迷い2 >>