2010年 02月 14日
デジタルPENで勝手に妄想爆発す
いよいよ三種揃ったデジタルPENシリーズ。
今日はそれぞれのデジタルPENを使用する人をシミュレートしてみた。


PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 5.6
「人力車」


これからE-P1を買おうとする人は絶対に白がイイ。
その白いデジタルPENに街のカメラ屋さん(この場合ビック~とか
ヤマダ~とかであってはならない)で選んだ布製のストラップを
取り付けるのだ。

お気に入りのストラップを付けた白いデジタルPENを持ったアナタに
まわりの人も注目するだろう。
白いデジタルPENはあくまで可憐でカワイク、着飾って使うべきである。

でもそんな白いデジタルPENにも一点注意点がある。
もし、白いペイントが剥がれてきたら。またすぐに同じ白デジタルPENに
買い直すこと。
白いE-P1を使うってのはそういうことだと思う。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/1600 秒
絞り: 5.6
「きんかめ上空」


E-P2を買おうって人はMF主義であるべきだ。
この場合黒いデジタルPENがイイ。
その真っ黒なデジタルPENにシルバーのオールドレンズを付けて、
パンダを決め込む。

ストラップも、できれば親父やお爺ちゃんが使っていたような、
黒いクタクタの革製のやつを選んでみる。
そのようなクタクタストラップは、恐らく新宿は荒木町あたりに豊富にある。
しかも二束三文で売られている場合が多いので精神的にも安心だ。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/50 秒
絞り: 1.8
「川越-パリ」


そしてクタクタの黒い革ストラップを付けた真っ黒けなデジタルPENを
首から下げて街をスナップして歩くのだ。
間違ってもタスキがけなんぞにするものじゃない。
そんなことは女子供に任せておけばよい。

真っ黒けなデジタルPENを使おうって時はそれくらいの気合を持って、
街のスナップシューターになりきるのだ。
うん、きっとそれがイイ。だって今のボクがそうだから(笑)



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/800 秒
絞り: 5.6
「鐘つき堂脇」


じゃ、最後に出たばっかりのE-PL1はどうだろうか。
残念ながら今のボクにはまだ明確なイメージができないでいる。

前にも書いたようにシャッタースピードが抑えられていることからも、
レンズは広角だけにして、うんと絞ってノーファインダーで撮るという、
パンフォーカスのキャンディッドフォト専用機にするのもアリだとは思う。

ただ、そんなストイックな雰囲気はこのE-PL1からは感じられない。
まぁ、ごく普通に考えればフルオートだけを使って入園式や入学式など
記念写真や日常的な光景を撮るカメラとして使われるべきであろう。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/10 秒
絞り: 5.6
「時代布」


でも、今使ってるコンデジがあるのなら、E-PL1を買うより、その機種の
新製品を買った方が幸せになれるような気がする。
いや、コンデジじゃない奴ってことなら、E-P1やE-P2まで行っちゃった方が、
結果的には良いようにも感じる。
そんな事を思ってしまうボクには、だからE-PL1がイメージできないのだろうけど。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-02-14 19:29 | 川越スナップ


<< 銀座で働く、人・車そしてボクの...      帰り道のことなんかを話そう >>