2010年 02月 09日
妄想で始まる21世紀に蘇るカメラ人生の選択
その昔、ライカを買おうとするような方々は、どのMシリーズを買うか
について真剣に悩んだそうだ。いや、これはもう、ただのカメラ選びを
超えていて、今後歩んで行くであろう自身のカメラ人生の選択であったのだ。

ライカ関連の書籍などを見ると、ライカM3の発売は1954年~1966年、
M2が1957年~1967年。そしてM1が1959年に発売されたとされる。
ということは1960年代初頭というのは少なくとも3台のMシリーズから
選択肢があったということになる。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/3200 秒
絞り: 1.8

この3つのライカについて記しておくと、M3は50mmから使用できる
望遠系のライカであり、その工作精度や感触などから、それ以降の
Mシリーズとは一線を画すライカの頂点(すなわち35mmカメラの頂点)
とされる。

また、M2は35mmのファインダーが備えられ、35mmから使える
広角系のライカとすることができ、このM2こそが機構的には現在まで続く
Mシリーズの始祖であるとする見方もある。(デザイン的にはM4であるが)

M1に至っては距離計がなかったのだから(ファインダーはあるけど)
広角レンズをある程度絞り込んで使用する、パンフォーカス系ライカ
と言えるかも知れない。

これら3つのライカMシリーズが同じ時代に存在したのだから、
その当時の立派な(と想像される)カメラ趣味ってゆーか、
ライカ趣味人な人達にはマジ悩ましいことだったと思われる。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/1600 秒
絞り: 5.6

自分が撮るべきレンズをカメラ選択、それも当時も高価だったろう、
ひょっとしたら人生で一台きりのライカ選択に委ねることになるのだから
自分の人生をも変えかねない大問題だったことは想像できる。
だって、撮ることができるレンズが限定されるってことは、撮るという
行為そのものを限定されるってことでもあるのだから。

もちろん、現代に生きるボク達からすれば、M3でも35mmレンズも使えるし、
実際にはそんなことはないのは分かるのだけど。
ただ、今考えるべきは当時の人々の気持ちの中の究極の選択であるから、
その後のカメラ人生を変えてしまう決断としておこう。

そこで、2010年、年が明けたばかりの現代の話である。
先日、デジタルPENにE-PL1が追加された。
よって、今を生きるボク達にはE-P1、E-P2、E-PL1と3つのデジタルPENの
選択肢ができたわけだ。

E-P1はEVFがなく背面液晶のみで主にAFレンズを使って撮影を行うことになるが、
その分、清く正しいデザインと感じられ、特にホットシューのデッパリがなく、
スッキリした軍艦部のデザインには、E-P2にはない美しさもある。
そして何よりもこれがなければE-P2もE-PL1もあり得ないわけで。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/4000 秒
絞り: 1.8

E-P2は高精細のEVFが使用でき、AFレンズだけではなくMFの旧いレンズの
使用にも理想的である。
E-PL1は軽く、EVFの使用も行えるのでMFレンズの使用にも問題はないが、
シャッタースピードは1/2000秒に抑えられているので、昔の明るいレンズを
使用する時などには絞りを開けられないこともある。

さて、もう何が言いたいかお分かりであろう。
50年前にライカMシリーズで繰り広げられた究極の選択が
21世紀の現代にも今度はデジタルPENとして蘇ったのである。

初代のデジタルPENってことでE-P1はM3に当てはまり、AF、MFであろうが
レンズを問わずに使用できるE-P2は35mmから使えるM2であり、
シャッタースピードが抑えられ、明るいところでは絞りを開けにくいE-PL1は
パンフォーカス的な使い方ってことでM1に相当する。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/3200 秒
絞り: 5.6

3台のデジタルPENを選択するってことは、AFレンズしか使わないのか、
MFレンズを使うのか、それともパンフォーカスな撮り方をするのか?の
これからのカメラ人生の選択でもあるのだ。

2010年の今、デジタルPENを買おうとする人達は、そこのところを
十分に吟味して買わなければならなくなったということ。
そう、50年前にライカの選択に悩んだ人達と同じようにである。

かくなるボクにとってもE-P1を買ってE-P2も買ってしまったのである。
Mシリーズで言うならばこれが欲しかったカメラだ!とM3を買った後に
フラフラっと35mmも使いたくなり、思わずM2も買ってしまったわけで、
M1に手を伸ばそうかなぁ、、、なんてあらぬ思いを断ち切るために、
早めのM4(E-P3)の出現を待ちわびているのである(爆)

さて、ここまで書いてきて今日のお話は終了。
だがしかし、余談ながら最後に気になることがる。

それは。。。
ライカMシリーズの前にはバルナックライカと呼ばれるものがあった。
Mシリーズの元になるカメラである。
それをデジタルPENシリーズに例えるならば、、、ということである。

そう、言わずもがなだが、PEN Fということになるのである。
っと、どこまで続くライカとPENの因縁(笑)



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/1000 秒
絞り: 1.8

以上のお話はボクの妄想です。
妄想なのだから勝手な事を書いていますので、
あまり気にしないでください(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-02-09 22:37 | 横浜スナップ


<< フレアで表す光      摩訶不思議なラビリンス体験 II >>