2010年 01月 24日
フィルモカメラのFilmo Special

PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 1.8
「アバクロ」
いつも並んでいるアバクロ前です。
何でこんなにも人気が出るのか分かりませんけど
商業的には大成功ですね。

ところで、このレンズの名前ですけど、テーラー&ホブソン社が
ベル&ハウエルの、フィルモという16mmカメラ用に作ったので
Filmoとなっているようです。
このフィルモって響きは懐かしのムービーっぽくてステキに感じてます。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/250 秒
絞り: 1.8
「ランプに照らされ」
先日も書きましたが、ヘリコイドが重く、固着しているほどではなかったの
ですが、かなり力技でないと回らない状態でした。

そこで、ルミエールさんに調整をお願いしていました。
預けて帰るとき「やってみますがレンズ外れないかも。。。」って
言っていたのです。
ボクが心配そうな顔してたのか、「でも、壊しませんから」と、
言ってくださいました(笑)



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/800 秒
絞り: 1.8
「モノクロTRUNK」
んで、引き取りに行ってみると、ヘリコイド側(後玉側)からの
アクセスはカシメてあるので無理だったけど、絞りリングの方(前玉)からの
アクセスに成功したので、調整できたとのことでした。
さすが、戦前のレンズ、ひと筋縄ではいかないようですね。
でもルミエールさんの技術力にも感謝です。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 1.8
「歩道」
絞り開けても閉めてもフレアが出ます。
描写も甘いし、コントラストも低め。
でも、だからこその味があります。



PEN E-P2 Taylor & Hobson Cooke Filmo Special 25mmF1.8
ISO: 200
露出: 1/400 秒
絞り: 1.8
「モデルの娘」
やっぱ、こういうレンズはモノクロの方が良いかと思い、
モノクロでも撮っていました。
戦前のレンズだし、モノクロが自然かも知れません。
フォーカスリングと絞りリングの間が狭いので、リング調整
するには少し慣れが必要な気がしてます。
でも、どんな写りするのかこれからも益々楽しみなレンズです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2010-01-24 20:36 | 銀座・有楽町スナップ


<< 二子玉で考えるCマウントレンズの魅力      仏的光景 >>