2009年 11月 19日
それぞれのカメラについて原宿で考えてみた
現状で選択できる、もしくはもうすぐ手に入れることができる
カメラについて、ボクが持つ印象を考えてみました。

E-P2の難点:
操作性、インターフェースって言うことになるかと思いますが、
マイセッティングに代表されるように、まったく痒いところに
手が届かないカメラです。
オリが考える操作ロジックは十分に分かったので、もっとユーザの方を
見て下さい。自慰行為はもうやめて欲しいです。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/500 秒
絞り: 1.7


レンズラインナップは先にも書きましたが、ズームはもうイイです。
どうしても他のと同じにしないと気がすまないのでしょうかねぇ。
立つ位置が違うと思っているんですけどね、一眼レフとはね。

今の予定されているのが出たら、趣味性について考えて欲しいです。
オリンパスって、上のインターフェースも含めて趣味性が足りない
と思います。リコーの案を企業努力で正攻法に盗みましょう。

GF1の難点:
ボクにとってはデザインとブランド力です。
こればっかしはGF1のせいじゃないのかも知れませんね。
だから、どうしようもないです。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/320 秒
絞り: 4.5


今や特出した技能や性能もないですし。
逆に言うと、そんなしょうもないコトに拘らない、きちんとした選択眼
をお持ちの方なら、買い得感からしてGF1を選ばない理由がなくなります。
やっぱ、マイクロフォーサーズの中から人に薦めやすいのはGF1でしょう。

GXRの難点:
ユニットの今後と価格がネックですね。
価格は50mmユニット込みで8万円ならなぁ、、、
これにビューファインダー買うわけだしねぇ。
せめて、10万は切って欲しいです。




PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 3.2


ユニットの今後についてはリコーに頑張ってもらうしかないことなの
ですが、サードパーティへの窓口を開けておいて頂きたいです。
それがこのカメラの生きる道になるかも知れません。
特に各種のマウントアダプターが使用可能な環境作り、準備を急いで
欲しいところですけど。

そして、発表された50mmレンズ(ユニット)の明るさが不足して
いることでしょうか。
何で、F2.5なの?って問いたいです。
このユニットには手ブレ補正もないようだし、(24-72mmにある
「VC」の記述がA12 50mm F2.5にはない)

GRDIIIでは手ブレ補正がないからの理由で、やっとこさF1.9の
レンズにしたと思ったら、GXRではまたF2.5でしょう。。。
ましてやAPS-Cサイズのセンサーだけにボケに期待したいボクと
してはねぇ、もうちょっと明るいレンズを望んでいました。
これは結構引っかかるところです。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-11-19 22:18 | 原宿・表参道スナップ


<< GXRの50mmユニットについ...      ボクの欲しいカメラについて今度... >>