2009年 11月 05日
E-P1にできて一眼レフにはできないこと
よく、一眼レフから買い換えようと思っていますが、E-P1はどうですか?
ってのがあります。
スタイルとしてはE-P1にしたいけど、実際に買い換えても不便になること
がないのかって疑問ですね。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/125 秒
絞り: 2.8
薄いブルーの壁と窓越しに見えるカーテンの
色合いが気に入りました。
ちょうど立っていた電灯も入れて。



子供の運動会でヨーイドンからゴール!!まで撮ろうとしたら
それはE-P1にはできません。ってゆーか不向きでしょう。
超望遠なんかも不得意項目でしょうね。

逆にE-P1にできて一眼レフにはできないこと。
大は小を~じゃないですが、できないことはないでしょうね。
こと、撮影に関しては特に。

あるとしたら、小さいからどこにでも持っていけることや、人前でも抵抗少なく
写真が撮れるし、デザインから来る所有感ってとこでしょうか。
そこに、撮像素子の大きさがフォーサーズ Live MOSってのが合わさってきます。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/200 秒
絞り: 3.5
何が8 1/2か分かりません(笑)
でも色に惹かれ、こういう結果を
イメージして撮りました。
自転車もイイ感じです。


つまり、小さくカワイイのに写りはイイ感じってことに。
要するに最大公約数カメラなんですよね。E-P1って。

一眼レフと比べて、できない事って物理的に解決できない問題なのに、
できる事って、ガマンや気分の問題。
魅力ないように思ってしまいますが、それこそが一眼レフには絶対にない
魅力なのかも。

一眼レフも趣味のカメラですが、ある意味ではE-P1ってもっと指向性の高い
趣味のカメラなのかもしれませんね。



PEN E-P1 G 20mm F1.7
ISO: 200
露出: 1/160 秒
絞り: 3.5
なんてことない風景なんですけどね。
恐らくトイレとか(笑)
露出やらWBやらを変えて撮っていました。



人に薦めるにしても、コンデジから初めてのステップア
ップなら、なんでも可能な一眼レフを薦める方が良いの
かも知れません。

自分にとって、その人の趣味のベクトルが理解可能であり、
そのベクトルの先がE-P1的な思考へ続いているならば
迷わずE-P1を薦めるってことで。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-11-05 22:06 | 代官山・恵比寿・中目黒スナップ


<< 自画像      古家の空の下で >>