2009年 10月 09日
GX100とE-P1について川崎で考え込んでみた
コンテジは一世代前のリコーGX100を使っています。
カメラ界の位置でバックリ言うとGRDのズーム版って立ち位置のカメラでしょうか。

GRDほどレンズには凝ってはいなけれど、コンセプト的には
ズームを差し引いてスナップ向けの趣味用カメラという同じベクトル上にある
カメラだと思っています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7


特徴としてはコンパクトでも、そこそこイケテるレンズを持ち、機能も十分。
2ダイヤルで上級デジ一眼並みに操作性はバツグン!というところでしょうか。

片やE-P1はおのずと知れたレンズ交換式ではコンパクトで、かつ、一般コン
デジより大きな撮像素子を持つところが特徴です。
まだまだ、世間的にはGRDやGXシリーズのように絶対評価は付いていない
カメラだと思っています。

これから2世代、3世代と積み重ねるうちに世間での総評価が生まれてくる
ことと思いますが、どのように評価が定まるのか楽しみです。

というところで、このコンデジとレンズ交換式コンデジをボクなりに評価
してみようと思ったのですが、なかなか難しいですね。



PEN E-P1 G 20mm F1.7


もちろんベクトルが全く違うカメラなので当たり前ですが、あっちを
立てればこっちが立たずを感じてしまいまします。

と言っておいてアレですが、ホントは目指すところは一緒ではないかと思う
ときもあります。
両者とも目的地点は写りの良いコンパクトなデジカメという点です。

もし仮に同じ結果が得られるのであれば、コンパクトな方が良いはずです。
ここでいう同じ結果とは、一般的に言って絵としてキレイな写真が吐き出
されることを言っています。

GX100とE-P1でもし、同じ画像が生み出されるなら文句なしにGX100の
勝ちでしょうが、現状だと技術的な革新がない限り、撮像素子の小さな
カメラが大きいカメラに勝つことは難しいかと思っています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7


ただ、カメラの楽しみって結果だけではなく、過程の楽しみもあります。
光の状態を考えて、出来上がりを予想して、露出を弄くって補正して、、、
めんどくさいって感じる方もいらっしゃるでしょうが、ボクにはとても
楽しい時間です。

こういったことにカメラ側が無理なく対応可能なインターフェースを
備えていることが楽しいカメラの必須条件です。
でなければ、単なる苦痛かもしれません。

その意味ではGX100と言わずリコーのカメラはよく考えられています。
E-P1にってゆーか、ヘタなデジタル一眼レフにも勝ります。
ボク的には写りの良さってゆーよりも、この操作性の良さに惹かれて、
リコーのカメラの存在価値を見出しています。



PEN E-P1 G 20mm F1.7


リコー的な考え方を持った、撮像素子の大きなレンズ交換可能なコンデジは
作れないのでしょうか。
そう言えば、リコーからKマウントベースのコンデジが出るかも!??って噂
も聞いていますので、そうなればもう一番乗りで手に入れたいカメラになる
こと決定でしょうね。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-09 21:47 | 川崎スナップ


<< これからのレンズについて考えた...      ボクの画像評価基準について多摩... >>