2009年 10月 03日
自由が丘で考えちゃったインターフェース
仕事でも自社アプリケーションのインターフェースについて考えることはありま
すが、機能満載になればなるほど、ユーザビリティとインターフェースについては
頭を悩ますことになります。

時々今までに正しいインタフェース持った製品ってあったのか?と考えます。
人によってはiPhoneやiPodのインターフェースは優秀だと言われることもありますし、
どこかに正解はあるのかも知れませんが、ボクは未だ正解に巡り合ったことがありません。
E-P1も同様に正解とは言えない気がしています。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
もう一歩明るければなぁ、、、って思うレンズですが、
カメラはISO1250 1/30 秒で頑張ってます。
一段明るいレンズならもっとキレイな画像だったことでしょう。


確かに、メイン/サブとダイヤルが2つ付いており、それは一眼レフと同じではありますが、
大きな一眼レフでも、もうちょっと左にずらしていればとか、もう少し上向きにできなかった
のかぁ、、、とか色々と言われてしまう訳で。

ましてスペースが小さなE-P1では尚更のこと文句も出てくるってものです。
ボクは基本的に2ダイヤルには賛成ですけどね。
できればデジタル一眼レフのように前後面に付けて欲しかったかも。
だって、親指と人差し指があるんだもん。

また、その他にもダイヤル自体の回転の軽さ(意図せずクルクル回っちゃう!)や、
必要な設定に対するメニュー階層の深さなどが気になってくるところではあります。

階層の深さについてはもっと浅くするか、どの機能が必須なのかはユーザ次第
だからということであれば、ボタンなどへの割り振りの自由度を設けるや、
FNボタンを増設するなどの工夫が必要だと思います。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
ライトの加減もありますがキレイな描写で木が浮き上がってきます。
明るかったので1/30 秒がISO250で切れました。


ボクの場合ブラッケット機能がどこにあるのか今だに探しまくりです。
自動で連写にもならないし。
んで、最近ブラケットする時は手動です(笑)

自由度についてはファームアップでも可能と思いますので今後の改善にも
期待したいところです。

ダイヤルの軽さ(意図せずクルクル回っちゃう!)そのもののはファームでの
改善は無理なので次機種での改善項目ですね。
でも、軽さの調整はNGでもこれが困るシチュエーションって、肩からぶら下げて
いる時だったり、手に持っての移動中であることを考えると、操作ロック機能を
ボタンに設けるってのも手ではないかと。
これならファームでも対応可能ではないでしょうか。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
ロゴの色に惹かれたんですが、ほんとはもうちょっとキレイだったような気がします。
ISO200 1/60 秒で撮っています。


本当にこのあたりはメーカそれぞれの考え方があって、E-P1とGF1で露出補正の
インターフェースだけを比べても、片や2ダイヤルで物理的に対応、こなたワンボタン
を押下することで省エネ対応と、まったくアプローチが違っていて面白いですね。

ボクの場合、単純にワンボタンワン機能が好きです。
だからボタンがたくさんあった方が嬉しかったり。
機能の分だけボタンがある。
すばらしい(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-10-03 20:23 | 自由が丘スナップ


<< シーズンイン      銀座界隈でファインダーレスにつ... >>