2009年 09月 25日
失敗しちゃったカフェ写真
E-P1に付いている階調補正機能(SAT)ですが、これを使用すると
黒つぶれを押さえ、見かけの階調を広げてくれるという、言葉に書けば
スグレモノの機能です。

こんな夢のような機能なんですが、やってることは暗部を明るく持ち上げる
ってことなわけで、明るくするってことは感度が上がるというわけで、
感度が上がると出来上がった写真に高感度ノイズが増えることになっちゃいます。

まぁ、分かってて使用する分にはイイのです。自分で納得するわけですから。
でも、知らずに使ったら、それも元々暗い場所でシャッタースピード稼ぎたくって
感度上げてたら。。。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはISO640です。
ノイズ低減はすべて標準です。


結果、こんなことになっちゃいます。
帰って見たら何だかノイズがすげぇ~~!!って気付きました。
階調がオートに設定してあります。
自分じゃ設定してないのに。

そう言えば、この数時間前一枚だけ階調オート使いました。
確かに、使いましたよ。
使った後、そのままにしてたんですねぇ。

やっちゃった、、、って感じです。
撮るとき気付けよ!って話なんですが、液晶には常時表示されないんですね、これが。
もちろん設定する箇所では表示してるんですけど、設定変更しない時なんかは
そのまま撮っちゃいますね、これは。

 
PEN E-P1 MZD 17mm
これはISO800まで上がってますね。
ちなみにWBは5300Kに設定して赤味を強調してます。


だって、通常確認するのはWB、測光モード、ISO感度、露出補正くらいですから。
そんな、他の設定を隅々まで確認しないですぅ。

まぁ、自分のミスですね。
以前は階調オートをどっかのボタンに割り振れたらと思ってましたが、
液晶画面にも表示してくれれば、こんな間違いもなくなると思います。


 
PEN E-P1 MZD 17mm
ろうそくの明かりに助けられ、ISO200で撮れています。
階調オート(SAT)のおかげで暗部もつぶれずに見えますね。


WBや露出がなんか変だったらカメラの液晶で気付きますが、階調オート設定か
階調ノーマルかなんて、カメラの液晶だけだと分かりません。
オリンパスは、もーちっと考えて欲しいと思います。
っと、当り散らしてウップンを晴らしてみました。
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-25 21:25 | 田園調布・多摩川スナップ


<< 自由が丘のWB      RAWなんてしない >>