2009年 09月 22日
銀座考える露出モード
「カフェで考えるISO感度」でも少し書きましたが、
使い慣れたデジタル一眼レフ(K10D)とE-P1で基本設定が違います。
本当は同じような設定で使いたいのですが、カメラ性能の違いで
変えざるを得ない状況っていうのが正直なところです。
前回のISO感度もそうですが、露出モードも今までとは変えています。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

基本的なボクの考えとしてはできるだけ写真を撮る時には楽をしたい
という信念があります(笑)
楽をするということは街中などのスナップなんかでは瞬間的に早く撮れる
ことにも繋がります。
不審者に間違えられぬよう街中ではあまりじ~っとしてたくないものです。
被写体を見つけたらできるだけパッと撮れるような設定がボク的には楽な
設定って言う事になります。

なのでスナップなんかだとほんとは評価測光を使いたい。
スナップ的に全体の光を考えて撮るような場合は特にそうです。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

でもK10Dの場合には中央部重点測光を使用しています。
最初に使った時に評価測光があまり信用できない印象を持ってしまったからです。
あまり、当てにならない。露出をはずす事が多くどうしてもその都度補正が
必要になります。

補正自体は問題ないのですが、評価測光の場合どのように露出をはじき出しているか、
どのような画面要素(光の情報)を持って演算しているのか。
撮ってる方には分からないということが問題をややこしくしてしまいます。

例えば黒っぽい被写体が画面に入っている場合、全体の光の反射率とその黒色を
どのようにバランスで評価しているのかはまったく検討がつきません。
画面の分割数にもよるでしょうし、色によって異なる反射率を判断するロジックが
分からないので、それによって出された答えが正しいのか分かりません。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

また、ちょっとカメラを振っただけで露出が変わって行きます。
画面全体を評価して測光するのですから、カメラとしては正しい動作仕様では
あるのですが、何故そのように判断したかは撮影者には分からないのです。

だから、評価測光は結果が命。
途中経過なんてどうでもよくて(ってか分からないので)、写した写真が良ければ
儲けモノなわけで、そう言う点でK10Dの評価測光で出された結果には満足がいかな
かったということです。

もう一つの理由としては、K10Dだと中望遠レンズを多く使用するってこともあります。
換算50mm以上を使用することが多く、ほとんどの場合換算で60~100mm位のレンズで
撮っています。

この場合街中の全体を撮るというより、ある部分を切り取るという要素が多く
なってきます。
すると、あまり写真の全体の光を評価する評価測光を使用する意味がなくなってきます。
極端な話、その撮るモノ自体の測光だけ行えば良いことになりますので、対象の色(反射率)
だけを考えて補正が可能です。

 
PEN E-P1 FA 43mm Limited with NOVOFLEX MFT/PENT

もちろん、このような場合でも評価測光で撮る事は可能ですが、前述のように
カメラが自動的に判断(多くの情報を演算)しますので、補正値もその場面で、
その都度考えなくてはならなくなり、ボクには面倒ってことになります。

K10Dで撮る場合は中望遠ですから、被写体を見つけて、例えばそれが黒っぽいモノ
だったら、露出補正をマイナスにしなかがら近づいて行き、構成を決めながら
パシャリって感じです。

評価測光だとカメラがどのような情報でその場の光を考え、演算を行っているのか
分からないので、一発撮ってから考える必要も出てきてしまいます。

一方E-P1の方は評価測光がK10Dより使える印象を持っています。
街撮りのほとんどの場合で、はずす事が少ないと感じているのです。
だから、E-P1では基本は評価測光、モノに最短距離まで近づく場合や、
中望遠を使用してモノを切り取るような撮り方の場合は中央部重点
(もしくはスポット測光)に切り替えます。
なので、切り替えやすいようにE-P1のボタン設定(メインダイヤル)を
測光モード切替に当ててたりしています。

あとは、やはりライブビューですので、通常の一眼レフとはカメラから与え
られる情報量(判断材料)が違います。
何しろ、そのまま見えている訳ですから、カメラが何考えて演算処理してるか
分からないような評価測光でも一目瞭然です。
前述のように経過なんてどうでもよくて、結果が命の評価測光にはもって来い
のカメラ(ライブビュー)と言えなくもありません。

ただ、E-P1だけ使っていると、何だか自分の測光方式が変わってきてしまい、
自分の中での露出測光ロジックが狂ってしまいそうで心配ではあります。
もし狂ってしまったら、、、その時はK10Dでリハビリに励みます(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ
by enthu_crap | 2009-09-22 19:26 | 銀座・有楽町スナップ


<< ボクの住む街      シンプルカフェ >>